特別号 HITO REPORT vol.4(2019年3月発刊)
労働市場の未来推計2030 ~644万人の人手不足~

概要

ここ数年、連日のように人手不足に関するニュースが報じられています。営業時間の変更を余儀なくされる企業や、倒産に追い込まれる企業も増え、人手不足に対する対策は急務となっています。しかし、需要と供給の具体的なギャップが明確にならないことには対策の検討を始めることもできません。そこで、パーソル総合研究所では、中央大学経済学部の阿部正浩教授と共同開発した「予測モデル」を用い、2030年時点での労働需給状況を推計しました。その結果は、644万人の人手不足。本号では、この人手不足を解消するための4つの対策と、それによる人手不足解消の見込み数を予測しているほか、具体的方策についても提言しています。

INDEX

プロローグ

  • 足元の人手不足の状況

推計結果

  • 2030年、人手は644万人不足する

人手不足に対する4つの解決策

  • 働く女性を増やす

  • シニアの働き手を増やす

  • 外国人の働き手を増やす

  • 生産性向上で必要な働き手を減らす

推計方法解説

  • 3ブロックからなる予測モデルの全体像について

対談

  • 「人手不足644万人」の未来を回避するため
    我々が取り組むべきことは何か
    (中央大学経済学部教授 阿部正浩氏×本誌編集長 櫻井功)

DATA

  • 「労働市場の未来推計2030」推計結果及び、予測モデルに使用したデータ

※肩書・内容は取材当時のもの

機関誌HITOラインナップ一覧

おすすめコラム

【経営者・人事部向け】

パーソル総合研究所メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、研究員やコンサルタントのコラム、役立つセミナー・研修情報などをお届けします。

PAGE TOP