マーケットに準拠したフェアな報酬による雇用競争力の向上支援

サラリーリサーチ

労働人口の減少、同一労働同一賃金、人生100年時代、メンバーシップ型からジョブ型への移行、ビジネスのDX(デジタル・トランスフォーメーション)化など、労働市場は大きな転換期を迎えて新たな雇用モデルが模索されています。多様な変革の中、企業において事業戦略と人事戦略の一体化・雇用競争力強化などの人事施策を適切に行うためには、変遷する市場の給与水準や他社の雇用・給与制度の動向をタイムリーに把握することが効果的であると考えます。

パーソル総合研究所では、企業における人事施策のベストプラクティスの支援を目指し、2019年10月にサラリーリサーチラボを設立しました。
グループ会社パーソルキャリア株式会社の転職サービス「doda」の豊富な転職市場データと利用企業の統計データを基に、給与のマーケットレンジ作成・分析を可能としたサービス「Salaries(サラリーズ)※」をはじめ、サラリーリサーチラボは、これまで培ってきた人事・組織の課題解決の知見、お役に立つサービスを提供します。

※「Salaries」は、「Salaries.jp」として商標申請中です。

ジョブごとの報酬⽔準データ提供サービス 『Salaries』

「Salaries」は、「doda」が有する豊富な転職市場データやサービスの利⽤企業の統計データを基に、機械学習によって給与のマーケットレンジを作成、および分析することができるサービスです。機能の利便性を追求しており、⾃社の給与データと給与のマーケットレンジを多⾓的に⽐較・分析いただけます。

『Salaries』の特徴

特徴1
社員データをアップロード

職位や年収などの社員データをアップロードすると、『Salaries』が必要な項目を判別します。

特徴2
8つのジョブグレードに自動振り分け

取り込まれた社員データは、機械学習により、自動的に8つのジョブグレードに分類されます。これまで人事担当者が時間をかけ、手動で行っていた『グレードを振り分ける』という作業がなくなり、業務の効率化が図れます。

特徴3
結果はグラフで出力

分析完了後は、マーケットデータに基づいた『ジョブごとの報酬水準』をグラフで確認できます。マーケットと自社の報酬水準を比較・分析することで、採用時の給与検討や、人事制度の見直しに活用できます。

『Salaries』のサービス概要
PAGE TOP