管理職に最もなりたい年代は「30代前半」

公開日 2015/05/28

前回(HITOデータvol.001:女性たちが管理職になりたくない理由)に続き、今回は女性の管理職意向とその理由を年代別に見てみる。

30~34歳の4人に1人は、管理職になりたい

年代別では、管理職に「なりたい」女性の割合が最も多いのは「30 ~34歳」で、4人に1人が管理職への前向きな意向があることが分かった。社会人10 年前後となる「30 ~34歳」は、組織においても、管理職の昇進が求められる年代。企業の管理職登用の動きとも連動して、期待に応えて、管理職にチャレンジしようという意思の表れとも言えそうだ。

Q. あなたは管理職になりたいと思いますか?

年代別管理職意向.png

40歳を超えると育成への意欲高まる

「なりたい理由」について、年齢別で特に変化のあったものを比較してみた。すると、「年収を上げたいから」「肩書がほしいから」は、年齢が上がるとともに減少。「人材の育成・マネジメントがしたいから」は30代から40代で10ptも跳ね上がる結果となった。管理職になるメリットは、年齢とともに自分自身のステイタス向上よりも、他者の育成へと移り変わっていくようだ。

管理職になりたい理由の年代比較1.png

年代が上がるにつれ、管理職の仕事に魅力を感じなくなる

また、「なりたくない」理由を見ると、年代が上がるにつれ、「長時間になりそうだから」や「責任が重くなるのが嫌だから」は減少し、「管理職という仕事に魅力を感じないから」が高まる。30代後半~40代になると、管理職が負う長時間労働や重責よりも、管理職の仕事そのものに魅力を感じないことのほうが管理職になることを倦厭する要因になっているようだ。

管理職になりたくない理由の年代比較1.png

管理職になりたい理由・なりたくない理由【年代別ランキング トップ5】

25-29歳理由.png

30-34歳理由.png

35-39歳理由.png

40-44歳理由.png


■調査概要
・調査名:女性の管理職意向調査
・調査主体:インテリジェンスHITO総合研究所
・調査対象:全国の25~44歳のメンバー層の女性 1,025人
・調査期間:2015年1月24~25日
・調査方法:インターネット調査


※引用いただく際は出所を明示してください。
出所の記載例:パーソル総合研究所(旧インテリジェンスHITO総合研究所)「女性の管理職意向調査(2015)」

おすすめコラム

ピックアップ

  • 働く10,000人の成長実態調査2021
  • 人と組織の可能性を広げるテレワーク
  • 「日本的ジョブ型雇用」転換への道
  • 働く10,000人の就業・成長定点調査
  • 転職学 令和の時代にわたしたちはどう働くか
  • はたらく人の幸せ不幸せ診断
  • はたらく人の幸福学プロジェクト
  • 外国人雇用プロジェクト
  • 介護人材の成長とキャリアに関する研究プロジェクト
  • 日本で働くミドル・シニアを科学する
  • 働く10,000人の成長実態調査2017
  • PERSOL HR DATA BANK in APAC
  • サテライトオフィス2.0の提言
  • 希望の残業学
  • アルバイト・パートの成長創造プロジェクト

【経営者・人事部向け】

パーソル総合研究所メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、研究員やコンサルタントのコラム、役立つセミナー・研修情報などをお届けします。

コラムバックナンバー

機関誌HITOラインナップ

おすすめコラム

【経営者・人事部向け】

パーソル総合研究所メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、研究員やコンサルタントのコラム、役立つセミナー・研修情報などをお届けします。

PAGE TOP