ビジネス文書表現

実習中心で、すぐに役立つスキルの向上を目指します!

「できる社員」に共通している『論理的で分かりやすい文章表現力』。 事務系職種の基本スキルといえるでしょう。オフィス業務の生産性を高めるため、 あるいは顧客の満足度を高めるためにも非常に重要な要素です。 この研修では、正しく分かりやすい文書表現を身につけるトレーニングを実践します。 新入社員研修から中堅社員のスキルアップまで活用いただけます。

受講対象者

  • 新入社員 ~ 中堅社員

  • 業務上、文章を書くことが多い方 および 必要な方

  • ビジネスにおける文章表現力をブラッシュアップしたい方

研修のねらい

  • ビジネスにおける文章表現に有効な考え方・表現テクニックを習得する

  • 入手した情報"や"頭にある情報"を上手に整理する方法を習得する

  • 様々な場面を想定した文章を書き、各自の良い点・改善点(課題点)を明確にする

研修プログラム

1日目

時間 項目 ねらいと内容
9:00 1.文章のタイプと特徴 ★「情緒的文章」と「ビジネス的文章」の違いを整理する。
休憩 2.文章の構成法 ★「起承転結」と「3部構成(序論・本論・結論)」の違いとポイントを学ぶ。
3.文章の表現テクニック ★『論理的で分かりやすい文章』へと近づくための表現テクニックを学ぶ。
(箇条書き、ナンバリング・ラベリング、階層化、短文化、具体化 など)
17:00 4.文章表現の練習 1~3の内容をふまえて、様々な練習問題を行う。
★構成法や表現テクニックを練習問題を通して体験しながら学ぶ。

2日目

時間 項目 ねらいと内容
9:00 5.情報整理のしかた
☆文章表現実践演習
◆商品・サービスや手順・方法など、内容が決まっていることを正確に効率よく説明する練習を行う。
★情報整理のしかたを学ぶ。
休憩 6.連絡文章の作りかた
☆文章表現実践演習②
◆電話応対の伝言メモやメールでの連絡文・案内文など、相手に行動を促すための文章の練習を行う。
★メモおよびメールの原則とポイントを学ぶ。
7.議事録の作りかた
☆文章表現実践演習③
◆話し言葉で交わされた内容を要約・まとめる練習を行う。
★耳から入った言葉を文章化するポイントを学ぶ。
8.提案文章の作りかた
☆文章表現実践演習④
◆相手の興味を引き、説得するためのPR文を練習する。
★相手に納得してもらうためのポイントを学ぶ。
17:00 9.研修感想文を書く ◆研修全体を振り返って、どんなことを学べたか、また各自の改善点(課題点)・今後の目標などを書き出す。

※時間は目安です。

※本プログラムをベースとして、貴社ご要望にあわせてカスタマイズ提案いたします。

講師

株式会社OneVision コンサルタント

豊田貴香子

Takako Toyoda

1997年立教大学理学部物理学科を卒業、NECソフト株式会社に入社。システムエンジニアとして自治体向け業務システムの構築・導入を担当。業務と並行してリクルータとして講演や就職相談も多数実施。各種インストラクター養成講座の開催と指導者資格認定を行なう日本TIC協会の研修講師としても活動。2002年研修講師として独立し、全国の企業・官公庁、その他、様々な団体・個人 の研修や講演を 多数担当している。

教え方(インストラクション)"が専門の一つである講師が"「体験学習」 「相互コミュニケーション」 をモットーに、受講者が 「参加」 ではなく 『参画』 するスタイルで、楽しく、活性化した場を作ります。

人材開発・教育支援

PAGE TOP