障害者とともに働く eラーニング

誰もが働きやすい職場の実現に向けて知っておくこと、配慮することを理解する

プログラムの特徴

これまで障害者雇用に関する取り組みは、「法定雇用率」の達成に向けた施策が中心的でした。

しかし、出生率の低下や高齢化の影響等により、生産労働人口の減少が加速する近年では、障害のある方々も、貴重な戦力として期待される傾向が顕著となっています。本eラーニングは、このように多様化する雇用の現状や、皆が働きやすい職場を目指すための配慮事項等を、実践的な事例も交えながら、わかりやすく解説します。

「ベーシック編」「管理職編」のラインナップ

「Basic」「Basic+」の2シリーズ

本eラーニングは、大きく2つのシリーズ・7コンテンツから成り立ちます。関連する法律や障害別の基礎知識、職場での配慮事項等のポイントを各コンテンツ20分程度にまとめています。

「Basic」シリーズ

  • 基礎知識編

  • 職場での配慮編

「Basic+」シリーズ

  • 視覚障害者とともに働く

  • 聴覚障害者とともに働く

  • 免疫機能障害者とともに働く

  • 精神障害者とともに働く

  • 発達障害者とともに働く

コンテンツ内容

基礎知識編/約16分

  1. はじめに
  2. 日本の障害者雇用の制度を知る
  3. 障害者手帳と障害についての概要を知る
  4. 障害者雇用の傾向を知る

職場での配慮編/約11分

  1. 安定した勤務のために
  2. 力を発揮していただくために
  3. 職場でのコミュニケーションについて

企画・監修:パーソルチャレンジ株式会社

障害者の採用母集団形成から定着支援、職域開発・特例子会社設立支援の各種コンサルティング等、障害者雇用に関するサービスを提供する

人材開発・教育支援

PAGE TOP