マネジャーの基本原則(WBM)

対話による気づきを大切にしたワークショップで 継続的成長へ寄与するマネジメントを実現する

WBMとは

マネジメントの役割認識を醸成し、実践に向けた基盤づくりを行うワークショップ形式のプログラムです。
マネジメントの役割は組織目標の達成と人材育成にあります、また戦略展開と評価システムを円滑に運用することによって企業全体の活性化を目指します。

対象者

  • 新人事制度・人材開発制度導入後の全マネジャー

  • 新任マネジャー・新任評価者

  • ベテランのミドルマネジャー

WBMの特徴

  • 新しい時代の「マネジメントの役割」についてあらためて認識を深める。

  • マネジメントのPDCAサイクルを再確認しながら、マネジメントに求められる思考プロセスを再確認する。

  • マネジメントプロセスに要求されるコミュニケーションスキルの大原則「信頼関係の構築」を学ぶ。

  • ワークショップで得た気づきを、いかに具体的に実践で活用できるか、行動計画を策定し、コミットする。

WBMの構成

WBMの構成図

お客様の声

  • 同じ立場(管理職)の方たちと意見交換をすることができ、たいへん参考になった。

  • 法律知識・ルールの重要性をあらためて学べた。

  • 管理職として求められていること、やらねばならないことが明確になり、今後役立つ内容を学べた。

WBMの効果

受講者相互の「対話」の積み重ねにより、以下のような「気づき」が得られます。

  • 評価の納得感・公平感は期首の目標設定時のコミュニケーション量に比例する

  • 期末の評価だけではなく、期中に部下の目標達成を支援することこそが重要である

  • 人材育成の基本はメンバーとの信頼関係を構築することである

  • 信頼関係の構築には、メンバーへのストロークの積み重ねが基本である

  • 評価システムは、人材育成のためのコミュニケーションツールである

人材開発・教育支援

PAGE TOP