新入社員フォローアップ研修

入社後半年~1年に適切なフォローアップで成長促進!「自ら仕事を動かしていく力」をつける

「自分で仕事を動かしていくとはどうすることなのか」、一連の流れに沿った総合的なケーススタディの中で、実践的に学習していきます。その中で、「自責」と「他責」の 違いということにも目を向け、主体的に動くというのはどういうことか、受講生自身に演習の中で体験的に考えてもらいます。

受講対象者

  • 新入社員(入社半年~1年)

研修の目的

  • 顧客への対応、社内における指示・報告、及び文章作成(メールを含む)など、今後仕事を進めるにあたって求められる視点や情報伝達に必要なコミュニケーション・スキルを、様々な演習を通してブラッシュアップします。

  • 特に、「聞く」「話す」「理解する」「伝える」を中心に、相手にわかりやすく、また相手の立場を考慮したコミュニ ケーションのポイントはどんなことか、ロールプレイング形式で体験的に学習します。

  • チーム演習を通じて、組織の中での役割意識や自身の参加姿勢について考えます。

  • 主体的に仕事をするとはどういうことなのか、事例や演習を通じて学習します。

総合演習『タスク・ソリューション演習』について

ひとつの流れを持った課題解決演習のストーリーの中で、それぞれが課題に対して取り組み、チームで解決を目指します。

  1. 設定された職場についてのオリエンテーション
  2. お客様からの一本のお電話により課題発生
  3. 解決に必要な情報をチームで考え自主的に収集
  4. 状況に応じた様々な演習(ロールプレイングや発表)
    • お客様への電話対応(クレーム応対含む)
    • 上司への報告・指示を仰ぐ/情報共有のあり方
    • 部門間交渉/相手の立場を考えた対応とは?
    • お客様への連絡/お詫びメール作成
    • 社内協力へのお礼/上司への完了報告 など
  • 指示と報告、電話応対、メモの取り方、伝え方、クレームへの対応など基本的なビジネススキルについても、演習の中でひとつひとつ確認することができます。

  • 様々な演習の中で、相手の立場に立った対応とはなにか?また、主体的に動くとはどうすることかを考えます。

  • チームで競いながら、お互いが考えたよりよいソリューションや対応を発表共有しつつ、演習を進めていきます。

※演習内容はカスタマイズも可能です。

研修プログラム

時間 内容
9:00

■講師オリエンテーション

■受講生自己紹介

■日頃のコミュニケーションの振り返り
*コミュニケーション力チェックシート

■「自責」と「他責」について
*主体的に仕事をするとは?

■わかりやすいEメールの書き方
*読む人の立場に立って書くということ

◆タスクソリューション演習

  1. お客様への対応と上司への報告
  2. 対応に必要な情報収集
  3. 社内各署との調整/部門間交渉
  4. お客様からのクレーム
  5. 問題解決へのSTEP
  6. お客様への連絡と上司への報告
  7. お客様へのお詫びメール
  8. 上司への完了報告と社内協力へのお礼

■チームワークの振り返り *チームの成果と自身の取り組みについて

■今後への目標設定と決意表明

■研修全体のまとめ
*終了アンケート

17:00

※時間は目安です。

人材開発・教育支援

PAGE TOP