パーソル総合研究所

HOME調査・研究調査・研究 日本で働く外国人材の就業実態・意識調査

調査 日本で働く外国人材の就業実態・意識調査

research_0207_01.png

調査概要

調査目的 日本で働く外国人材の労働環境の把握、定着を阻害する要因を明らかにする。
調査対象 【日本で働く外国籍の就業者(正社員/パート・アルバイト)】
①正社員:500サンプル
②パート・アルバイト:500サンプル 
※厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況まとめ(平成30年10月末現在)」を元に雇用形態別に国籍(地域別)で緩やかに割付

≪条件≫
・企業規模・業種:不問
・内外資:不問   
・年齢:18~59歳まで
・経営者除外
調査時期 2019年10月16日~2019年11月7日
調査方法 調査モニターを用いたインターネット定量調査
調査実施主体 株式会社パーソル総合研究所

調査サマリ

外国人材の入社経路・求職活動で利用した媒体

  • 「友人・知人・家族からの紹介」は全体平均1位で、パート・アルバイトにおいては49.6%と、縁故が半数にも及ぶ。一方、正社員は「人材紹介・職業紹介会社」が32.8%で一位。以下、「企業への直接応募」「民間求人情報サイト」と続く。

詳細は調査結果PDF P18-25参照


外国人材の職場での孤独感

  • 継続就業意向と転職意向
    継続就業意向は54.9%と高いが、転職意向も54.1%で同程度の割合。良い条件があれば離職するリスクは高いと考えられる。
  • 職場での孤独感は、正社員に高い傾向
    外国人材の多くが職場で孤独感を感じている。特に正社員は、「私は孤立しているように思う」32.6%。
  • 職場での孤独感はジョブ・パフォーマンスや継続就業意向に悪影響を与える
    孤独感が高い層は、「ジョブ・パフォーマンス」「継続就業意向」「会社満足度」が低く、転職意向も高くなっていた。(分析手法:重回帰分析)

詳細は調査結果PDF P27-38参照


外国人材の職場への不満

  • 全体での不満トップ3は「給料があがらない」「昇進・昇格が遅い」「給料が安い」。
    外国人材は会社には言えない不満を多く抱えており、企業が認識している不満の2.6倍。職場の不満1位は、正社員は「昇進・昇格が遅い」、パート・アルバイトは「給料が上がらない」。職場の不満は、他者への推奨意向にマイナスの影響を与えることも明らかになった。

詳細は調査結果PDF P53-58参照


外国人部下から見た上司のマネジメント行動

  • 上司のマネジメント行動【ネガティブ項目】
    正社員、パート・アルバイトに共通して多いのは「私のアイディアや意見を受け入れてくれない」で3割強。正社員の1位は「私の成果を自分の手柄にしてしまう」(38.6%)。
    日本人上司と外国人上司で比較すると、日本人上司の方がネガティブ行動をする傾向が高く、特に「変化を嫌がる傾向がある」「仕事の範囲を明確に指示してくれない」に大きな差がみられた。

詳細は調査結果PDF P40-51参照


外国人材の日本居住意向

  • 日本居住意向は約7割、母国帰国意向がある外国人材は4割超。
  • 日本居住意向
    住んでいる地域・コミュニティでの日本人との交流頻度が高いほど、居住意向は高まる。日本人と週1回以上の交流している割合は、正社員3割、パート・アルバイト6割。

詳細は調査結果PDF P60-71参照

調査結果 詳細データ

【報告書】日本で働く外国人材の就業実態・意識調査 PDF

関連コンテンツ

この調査についてのお問い合わせ先

内容やお問い合わせに関しては
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ

「調査・研究」に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP
PAGETOP