HOME調査・研究

人と組織に関するDeliverableな調査・研究

調査・研究

パーソル総合研究所の主な研究・調査をご紹介します。

機関誌HITO

人と組織について、課題解決のヒントはここにあり!人事担当者必見の機関誌です。

HITO 第13号

HITO 第13号

変革か衰退か ~待ったなし!日本の雇用改革~

かつては日本の競争力を支えた日本型雇用。現在はその問題点を指摘されることのほうが多くなっています。人手不足が深刻化する中、日本が再び輝くには、日本型雇用からの脱却は避けられないのではないでしょうか。日本型雇用の実態と問題点、今後あるべき雇用のあり方を考察しました。

特別号 HITO REPORT vol.5

特別号 HITO REORT vol.5

副業・兼業の光と陰

働き方改革の一環で副業・兼業促進の動きが加速しています。そこで、パーソル総合研究所では、企業が副業・兼業促進を検討するにあたり参考となる情報の提供を目的に、企業と個人の実態調査を実施。本誌では、調査結果とともに先進企業・識者への取材等を通して、副業・兼業のメリット・懸念点について紹介します。

HITO 第12号

HITO 第12号

ミドル・シニア社員の新時代 ~躍進のために個人と会社がすべきこと~

「元気がない」「モチベーションが低い」と指摘されがちな企業のミドル・シニア。しかし中にはいつまでも成長が止まることなく、継続的に活躍している人材も存在します。いったいミドル・シニアの躍進にはどのような要因が影響しているのでしょうか。定量調査や企業事例などを通して考察しました。

特別号 HITO REPORT vol.4

特別号 HITO REPORT vol.4

労働市場の未来推計2030 ~644万人の人手不足~

現在、日本は前例を見ないほどの人手不足に直面しています。しかし、具体的な不足数は 明確ではなく、対策に繋がっていないのが現状です。そこで、パーソル総合研究所では、中央大学経済学部の阿部正浩教授と共同開発した「予測モデル」を用い、2030年時点での労働需給状況を推計しました。

HITO 第11号

HITO 第11号

「両立」支援は誰のため? ~事業vs.育児 キャリアvs.育児?~

充実の一途を辿る育児と仕事の両立支援制度。現状の制度の在り方は、本人のキャリアや職場運営、企業成長に十分寄与する形となっているのでしょうか。企業にとって本当に意義ある両立支援の在り方とは何か。識者や現場管理職、制度利用者への取材、企業事例などを通して探りました。

特別号 HITO REPORT vol.3

特別号 HITO REPORT vol.3

ピープルアナリティクスが人事を変える

ITの進化によって、あらゆる資本の見える化が図られてきました。しかしデータは手に入れるだけでは意味がありません。ピープルアナリティクスをうまく活用するために、これからの人事に求められるものは何か。ピープルアナリティクスの最先端をいく企業の事例や、有識者への取材を通して考察しました。

HITO 第13号

HITO 第13号

変革か衰退か ~待ったなし!日本の雇用改革~

かつては日本の競争力を支えた日本型雇用。現在はその問題点を指摘されることのほうが多くなっています。人手不足が深刻化する中、日本が再び輝くには、日本型雇用からの脱却は避けられないのではないでしょうか。日本型雇用の実態と問題点、今後あるべき雇用のあり方を考察しました。

HITO 第12号

HITO 第12号

ミドル・シニア社員の新時代 ~躍進のために個人と会社がすべきこと~

「元気がない」「モチベーションが低い」と指摘されがちな企業のミドル・シニア。しかし中にはいつまでも成長が止まることなく、継続的に活躍している人材も存在します。いったいミドル・シニアの躍進にはどのような要因が影響しているのでしょうか。定量調査や企業事例などを通して考察しました。

特別号 HITO REPORT vol.5

特別号 HITO REORT vol.5

副業・兼業の光と陰

働き方改革の一環で副業・兼業促進の動きが加速しています。そこで、パーソル総合研究所では、企業が副業・兼業促進を検討するにあたり参考となる情報の提供を目的に、企業と個人の実態調査を実施。本誌では、調査結果とともに先進企業・識者への取材等を通して、副業・兼業のメリット・懸念点について紹介します。

研究員紹介

アドバイザリーボード

アドバイザリーボードは、人と組織の成長について見識を持つ社外の有識者によって構成される組織です。当社の研究活動がより社会に役立つものとして先駆的に推進されることを目的に、研究テーマの発案や、研究プロジェクトへのアドバイス、研究成果の評価などの活動に取り組みます。

トピックス

関連記事

お問い合わせ

「調査・研究」に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP
PAGETOP