特別号 HITO REPORT vol.2(2017年8月発刊)
136万人が働き手に変わる "サテライトオフィス2.0"の提言

概要

パーソル総合研究所では、昨年2025年に日本が583万人の人手不足になると推計し、その解消に向けて「生産性を向上させる」「働く女性を増やす」「働くシニアを増やす」「日本で働く外国人を増やす」という4つの策を提示しました。そのうち、生産性向上や女性・シニアの労動参加を促す一手として、テレワークに注目。今号では、テレワークの中でも、雇用創出の可能性が高く、孤独な働き方に陥りにくいサテライトオフィスに焦点を当て、雇用創出効果の推計やサテライトオフィスの理想形について検証しました。

INDEX

プロローグ

  • 583万人の人手不足解消に向けて雇用創出の一手とは?

推計結果

  • サテライトオフィス設置による雇用創出推計

提言

  • サテライトオフィス2.0

  • サテライトオフィス2.0の4機能

  • 企業にとっての利用効果と懸念点

  • テレワーク、導入企業にとってのメリットと課題
    (合同会社ジョインCEO 家田佳代子氏)

  • 働く個人にとっての利用効果

  • 社会に与える効果

企業事例

  • 都市型ワーキングスペースの最先端
    (東京急行電鉄株式会社 NewWork)

  • 大自然を舞台に新しい働き方を芽吹かせる
    (富士見 森のオフィス)

  • パーソルグループの取り組み

From Editor In Chief

  • 仕事と人を〈場〉で結ぶ〈ハブ〉として
    人手不足解消の有効策となるサテライトオフィス2.0
    (編集長 櫻井功)

※肩書・内容は取材当時のもの

機関誌HITOラインナップ一覧

おすすめコラム

【経営者・人事部向け】

パーソル総合研究所メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、研究員やコンサルタントのコラム、役立つセミナー・研修情報などをお届けします。

PAGE TOP