HOMEコラム・レポート データ 7割が異動経験なし。でも異動経験者のほうが管理職意向が高い

データ

2015.08.07

このエントリーをはてなブックマークに追加

7割が異動経験なし。でも異動経験者のほうが管理職意向が高い

ダイバーシティ 女性活躍

HITOデータでは、vol.001、vol.002と女性の管理職意向に関する調査結果を紹介してきた。Vol.003の今回は、女性の管理職意向とその理由を、異動経験別に見ていきたい。

7割が「異動したことない」

全国の25~44歳で管理職経験のない女性 1,025人に、異動経験の有無についてたずねたところ、全体の7割にのぼる人が今まで一度も異動した経験がないことが分かった。

異動経験の有無.png

異動経験のある人のほうが管理職意向が高い

しかし、これまでの異動経験と管理職意向の関係を見ると、異動経験がある人のほうが管理職意向は高いという結果になった。

異動経験別の管理職意向

異動経験別意向.png

ちなみに、最も管理職意向のある人が多かったのは異動回数が2回の人で、それ以上異動を重ねると、むしろ管理職意向は弱まっている。

「管理職になりたい」と回答した人の異動回数

異動回数別意向.png

2度の異動後には年収アップより影響力アップを希望?

異動回数別に管理職になりたい理由を見ると、2回目の異動を経験するタイミングにおける変化が顕著であることが読み取れる。例えば、管理職になりたい理由として最も多い「年収を上げたいから」は、異動2回目の時に落ち込む。また、「管理職という仕事に魅力を感じるから」も減少。反対に「自分の影響範囲を広げたいから」「人材の育成・マネジメントをしたいから」が増加している。

異動回数別に見た「管理職になりたい理由」

なりたい理由.png

一方、管理職になりたくない理由を見ると、こちらも異動2回目のタイミングで「管理職という仕事に魅力を感じないから」「自分には向いていないと思うから」「責任が重くなるのが嫌だから」「役割に見合った収入が得られなさそうにないから」が増加している。

異動回数別に見た「管理職になりたくない理由」

なりたくない理由.png

これらの結果から、異動2回目のタイミングで「自分の影響範囲をもっと広げていきたい」「人材の育成・マネジメントに携わりたい」と思うのか、「責任が重そう」だし、「自分には向いていない」と尻込みしてしまうのか。そこに、女性たちの管理職意欲の1つの分岐点がありそうだ。

異動は、同じ会社にいながらにして別の職場や立場から、自身の仕事や人間関係を相対化してとらえ直すことができる機会と言える。実際に、異動によって、まったく異なる職場や人、仕事に触れ、新たな気づきや意識の変化を経験したことがあるという人は少なくないだろう。

今回の調査結果をふまえると、生き生きと活躍する女性管理職を増やすには、まず女性社員の異動を特段計画してこなかった企業では、一度社員の声に耳を傾け、最適な配置のあり方を検討してみてもよいのではないだろうか。また、本調査結果のように、2回目の異動が管理職に対する意識の分かれ目になる傾向が高いようであれば、それまでに管理職に対する前向きな意識を醸成するために、異動させる部署や人間関係、仕事内容を丁寧に計画してみるのも一手かもしれない。

■調査概要
・調査名:女性の管理職意向調査
・調査主体:インテリジェンスHITO総合研究所
・調査対象:全国の25~44歳のメンバー層の女性 1,025人
・調査期間:2015年1月24~25日
・調査方法:インターネット調査

※引用・転載にあたっては、事前にご連絡をいただく必要はありませんが、必ず以下の【出典記載例】に則って、
出典をご明記ください。
【出典記載例】
インテリジェンスHITO総合研究所 別冊HITO「真の女性活躍推進に向けて」『女性の管理職意向調査』(2015)http://rc.persol-group.co.jp/research/data/hitodata_003

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【経営者・人事部向け】

パーソル総研 メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、
研究員やコンサルタント・講師のコラム、お得なセミナー・研修情報などをお届けします。

メルマガ詳細はこちら
PAGETOP
PAGETOP