アクションラーニング基礎講座(PSD) 

■「質問」による組織開発手法 ~アクションラーニング(AL)~

組織の中で普段何気なく行われている「質問」、この「質問」の質と量を向上させる事で、組織内の関係性が強化されます。

アクションラーニングとは、現実の問題をグループで検討するなかで個人・チーム・組織を開発する問題解決とチーム学習の手法です。そのプロセスでは、互いに質問をしあう事で問題が明確になり、新しい視点を得る実践力が身につきます。このことで実際にチームメンバーの「質問」力を強化する事が可能になります。

人が何かを学習する時に必要な体験への「意味付け」には、個人による思考のリフレクション(振り返り)が必要です。リフレクションを誘発するものが「質問」です。アクションラーニングの質問と振り返りのプロセスは個人の能力向上、学習にもつながるのです。

■実践手法「質問会議®」(マーコードモデル)

「質問会議®」とは、アクションラーニングをより実践的に平易に行うために、会議形式での実施、ルールの設定、会議プロセスの明示をした中で行う手法です。そのルールやプロセスに従って実践を行う事により「質問」力の強化を可能にします。

  ●ルール① 質問中心
  ●ルール② 振り返りの時間をもつ:ALコーチはいつでも介入していい

※会議における、上記ルールはマーコード教授の開発したものです。

※質問会議は(株)ラーニングデザインセンターの商標登録です。

■アクションラーニング講座の特徴

1.「質問」による組織開発実践スキルの獲得が可能

アクションラーニングは個人やチームだけでなく、組織という大きな主体に働きかける事が可能となります。
組織内の人的プロセスに働き掛ける中で、質問と振り返りを組織文化として定着させるアクションラーニングとはどのようなものかの理解、実際にどのような実践をするのかを体験する事が出来ます。

2.日本で唯一のアクションラーニングコーチ養成講座

・実践的かつ体系的にアクションラーニングを理解する事が出来ます。
 (本講座はマーコード教授の許可のもと設定されています)

・2005年より10年以上続いている本講座(2018年3月現在)は、これまでに1,000名を超える皆様にご参加頂き、受講者からも高い満足度を獲得しています。

3.充実のサポート体制

・講座は少人数制となっているため、講師やその他の受講生との距離感も近く、より深く学んで頂くことができます。
 (基礎講座(PSD):15名以下、コーチ養成講座(ALC):15名以下、シニアコーチ養成講座(SALC):5名以下)

・メインALコーチ1名に加え、受講者5名程度に1名のサポートALコーチが参加

■講師メッセージ

アクションラーニングは個人やチームだけでなく組織にも強い影響を与えます。実際、チームで問題解決を行いながら学習するプロセスを実現することで、チームの所属する組織にも強いインパクトを与える事になるのです。「質問」を中心としてチーム内の関係性を整備していくことは、単にパフォーマンスを上げるだけではなく、組織風土の変革や職場の関係性整備にもつながります。ですから、チームの問題解決と学習を支援するALコーチは、実はチームを介して組織へ介入する組織開発のファシリテーターなのです。対個人の介入についてはコーチングやカウンセリングをはじめ、様々なトレーニングがありますが、チーム(小集団)に対する介入手法を学べるのがアクションラーニング講座の特徴でもあります。講座ではその介入の仕方を体系だったシステムと実践を通して学ぶことが出来ます。

開催概要

日数

2日間連続

開催日

2022年05月18日(水)~2022年05月19日(木) 終了

2022年07月21日(木)~2022年07月22日(金)

2022年09月15日(木)~2022年09月16日(金)

2022年11月16日(水)~2022年11月17日(木)

開催時間

10:00~16:00

受講料

99,000円(税抜価格90,000円)
※PSD+ALC同時申込割引後金額 465,300円(税抜価格423,000円)

会場

オンラインセミナー

定員

15名

対象者

●アクションラーニングを組織導入したい(AL導入に関する情報収取や意思決定をしたい)
 …組織開発、人材開発、教育、人事担当者、現場管理職 等
●アクションラーニングを学びたい(アクションラーニングの知識理解と実践手法の体感をしたい)
 …研修講師、コンサルタント、教員、現場管理職、組織員 等

取得ポイント

・米国PMI® 認定コースに認定されており、PMP® 資格更新に必要なポイントの取得が可能です。本コースのPDU明細は「テクニカル:3.00ポイント、リーダーシップ:3.50ポイント、ストラテジック:3.50ポイント」です。
・本コースに参加された方は、国際コーチ連盟のCCEを取得できます。
コア・コンピテンシー:13.25単位
リソース・ディベロップメント:2.75単位

学習形態

オンラインシステムZOOMを利用します。
※受講時にインターネットに接続できるPC、タブレットいずれかが必要です。
 スマートフォンは使えません。
※周囲への騒音やハウリング防止のため「イヤホン」の使用をお勧めします。
※体験ワークがありますので、マイクオン、カメラオンでご参加をお願いします。

オンライン開催の注意事項はこちら

学習内容

■アクションラーニング基礎講座の概要


「質問とリフレクションのプロセス」を中心としたマーコードモデル・WIALモデルとよばれる独自のメソッドにそって、約1時間のALセッションを行い、チームによる問題解決に取り組みます。問題解決と学習、特にチームによる学習とは、どのように起こるのかを2日間で体験していただく基礎(ベーシック)コースです。 社会人としてのプロフェッショナルスキルの基礎となる能力を開発します。 4~6人を1チームとしたALセッションには、認定を受けたプロのALコーチがサポートにつきますので、とても高い確率でチーム学習を体験することができます。

■講義


・学習とは ・アクションラーニングとは ・実践手法「質問会議」とは
・チーム・組織開発 ・アクションラーニングコーチの役割


■セッション


・「質問会議」実践×約5回

■期待される効果 

アクションラーニング手法の体系的理解
チームの関係性向上の体感
問題解決におけるチーム脳体験
新しい知識を生み出すチーム力の理解
変革の核となる新しいチームリーダーの基礎スキル取得

備考

本コースはNPO法人日本アクションラーニング協会が運営いたします。
当日の詳細につきましては、別途運営事務局よりご案内いたします。

事前質問がある方は、お申込みフォームの備考欄に記入をお願い致します。

講師情報

日本アクションラーニング協会 代表理事
ODネットワークジャパン 理事
株式会社ラーニングデザインセンター 代表取締役
ジョージワシントン大学大学院人材開発学修士(MAinHRD)取得
マスターアクションラーニングコーチ

清宮 普美代

Fumiyo Seimiya

東京女子大学文理学部心理学科卒業後、(株)毎日コミュニケーションズにて事業企画や人事調査等に携わる。数々の新規プロジェクトに従事後、渡米。米国の首都ワシントンDCに位置するジョージワシントン大学大学院マイケル・J・マーコード教授の指導の下、日本組織へのアクションラーニング(AL)導入についての調査や研究を重ねる。外資系金融機関の人事責任者を経て、(株)ラーニングデザインセンターを設立。2006年にNPO法人日本アクションラーニング協会を設立し、国内唯一となるALコーチ養成講座を開始。600名強(2019年1月現在)のALコーチを国内に輩出している。また、主に管理職研修、リーダーシップ開発研修として国内大手企業に導入を行い企業内人材育成を支援。アクションラーニングの理解促進、普及活動を展開中。

申し込み

日程

受付終了

2022年05月18日(水)~2022年05月19日(木)

受付終了

受付中

2022年07月21日(木)~2022年07月22日(金)

申し込む

受付中

2022年09月15日(木)~2022年09月16日(金)

申し込む

受付中

2022年11月16日(水)~2022年11月17日(木)

申し込む
PAGE TOP