日本企業に求められる実践的S&OP ~SCMの発展形としてのS&OP導入に向けて~

国内におけるSCM導入の動きから20年近くが経過した今、企業各社が現在抱える新たな課題を示しながら、SCMにおける次の施策ともいうべき、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要や従来のSCMとの違い、さらにS&OPを実現するために必要な実践的な仕組みについて学びます。

開催概要

日数

1日

開催日

【公開セミナー】2021年10月27日(水) 終了

開催時間

9:30~17:30

受講料

60,500円/人(税抜価格55,000円)

会場

オンラインセミナー

定員

20名

対象者

SCM業務及び考え方に関する基本的な知識を有している方
<製造業>
・製造部門、営業部門、マーケティング部門、資材部門、及び情報システム部門の関係者
・製造業の業務全般(生産管理、工程管理、購買管理等)を浅くでもよいので理解されている方
<IT企業>
・上記業務を支援している方(コンサルタント・SE・営業など)
目安として、5年目以降の方。

学習形態

  • 貴社内で実施(講師は当社より派遣)

  • 公開コース

  • オンライン開催

    オンライン開催時の注意事項はこちら

  • セッションはオンラインでのコミュニケーションツール ZOOMを活用して実施します。講師からの説明や全体での質疑応答、また数名によるグループ別のディスカッションなど、セッションごとの目的に応じたインタラクティブなセッションをご提供いたします。

    学習内容

    国内におけるSCM導入の動きから20年近くが経過した今、企業各社が抱える新たな課題を示しながら、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要と、その仕組みを実現するために必要な機能について学びます。

    1. 企業の抱える新たな課題を理解します。
    2. S&OPとは何か、従来の方法との違いを理解します。
    3. S&OPを実現させるために必要な、実践的な仕組みを学びます。

    備考

    本コースは、ワクコンサルティングとの提携によりご提供しております。

    申し込み

    日程

    受付終了

    【公開セミナー】2021年10月27日(水)

    受付終了
    PAGE TOP