近年、関心の高まる「人的資本経営」。
その実現に向けて、どのような視点や意識を持ち、どう実践していけばよいのでしょうか。
識者や経営層をはじめ、さまざまな立場の方へのインタビューや独自調査・分析などを通して検討していきます。

グローバル化や産業構造の急激な変化、少子高齢化、人生100年時代の到来、価値観の多様化など、企業を取り巻く環境が大きく変化する中、「人的資本経営」への関心が高まっています。2020年9月に経済産業省によって、人的資本に関する研究会の報告書として通称『人材版伊藤レポート』が公表されると、国内の企業における関心は一層高まりを見せました。2022年5月には、続く『人材版伊藤レポート2.0』が公表されています。

そこで、このサイトでは、「なぜ今、『人的資本経営』が重視されているのか」「どのように情報開示していくのがよいのか」など、「人的資本経営」に関する動向や企業の実態のほか、今後の対応に向けて企業として知っておきたい観点や考え方などについて、識者や企業経営層の方などからのご意見や独自の調査・分析などを通して検討していきます。

冊子

2022.06.10

人材版伊藤レポートを読み解く

概要

『人材版伊藤レポート』の着眼点などについて識者や経営層にインタビューした記事や、人的資本の情報開示に関する企業の取り組み実態を調査した結果をまとめた一冊。

内容

  • 解説:人材版伊藤レポートを概観する
  • インタビュー① 篠田真貴子 氏(エール株式会社)
  • インタビュー② 双日株式会社 橋本政和 氏・岡田勝紀 氏
  • 調査解説:人的資本情報開示に関する実態調査

コラム

2022.08.02

経営戦略と連動した人材戦略の実現の鍵は人事部の位置付け 人的資本経営に資する人事部になるには

人的資本経営の実現に向け、経営戦略と適合的な人材戦略を策定し、その人材戦略を実行に落とし込んでいく担い手となる人事部の在り方を紹介します。

2022.07.27

人的資本の情報開示の在り方 無難な開示項目より独自性のある情報開示を

人的資本情報の開示が求められる中、企業はどのような姿勢で何を重要視して開示する重要項目を決めていくべきなのか、その方向性と具体的な枠組みを紹介します。

2022.07.15

人的資本経営の実現に向けた日本企業のあるべき姿 人的資本の歴史的変遷から考察する

歴史的変遷、海外との比較やESG、SDGsとの位置づけを通じ、人的資本経営の実現に向けて、日本企業の特性を活かした「あるべき姿」を紹介します。

2022.06.10

人的資本経営の実現に向けて 人材版伊藤レポートを概観する

経済産業省が公表した通称『人材版伊藤レポート』の概要を分かりやすくまとめています。

2022.06.10

人的資本情報やその開示に非上場企業も高い関心 自社の在り方を問い直す好機に

「人的資本情報開示」に関する独自の実態調査の結果を解説します。

2022/6/10

人的資本情報の開示で自社の独自性を見直す好機に 市場は人材や組織の成長力を見ている

自社の独自性を見直す好機に日本企業において人的資本経営は浸透するのか。歴史的背景を振り返りながら、現在の潮流と展望について考察します。

インタビュー

公開日:2022/6/10最終更新日:2022/8/9

PAGE TOP