2017-2022

働き方の実態と意識、成長について聞いた

働く10,000
就業・成長定点調査
2022

働くことを通じた成長

「働くことを通じた成長」の重要性と実感をどれくらい感じますか?

「働くことを通じた成長」は重要

2022年 79.9 %
(年)
(%)
働くことを通じた成長

「働くことを通じた成長」の重要性と実感をどれくらい感じますか?

「働くことを通じた成長」を実感

2022年 54.5 %
(年)
(%)
働き方の実態

残業はどれくらいしていますか?

1カ月の平均残業時間

2022年 10.7 時間
(年)
(時間)
働き方の実態

どのような働き方をしていますか?

在宅勤務を行っている

2022年 33.4 %
(年)
(%)
働き方の実態

あなたの勤め先で実施されていることは何ですか?

副業・兼業に関する制度実施

2022年 16.6 %
(年)
(%)
働く人の価値観

今後どのようなキャリアを考えていますか?

他の会社に転職したい

2022年 24.6 %
(年)
(%)
働く人の価値観

今後どのようなキャリアを考えていますか?

会社を辞めて独立・起業したい

2022年 15.2 %
(年)
(%)
働く人の価値観

転職にどのようなイメージをもっていますか?

総合的に見てよいことだと思う

2022年 74.8 %
(年)
(%)
働く人の状態

働く上でどのようなことに満足していますか?

会社全体について満足

2022年 48.8 %
(年)
(%)

ABOUT THIS SITE

近年、構造的な人手不足が深刻化する中、労働生産性をいかに高めるかが大きな課題となっています。
そこで焦点となるのが、働く個人一人ひとりの「成長」です。

個人の就業価値観や働き方が多様化するに伴い、企業・組織には、
従業員それぞれに適した成長機会をどのように提供していくのかが問われています。

人々は今、どのように働き、成長をどう捉え、どのような場面で実感しているのか。

パーソル総合研究所は、あらゆる雇用形態・業職種を対象とした10,000人を対象に
働き方の実態や就業意識、成長の実感度・イメージについて経年調査をしています。

「働くことを通じた成長」を真剣に考えるすべての皆様へ
本調査結果が大いに活用されることを願い、このサイトにてデータを公開しています。
ぜひご利用ください。

GRAPH LIST

グラフをクリックすることで回答状況の経年変化について詳細を閲覧することができます。
[+]ボタンをクリックすると回答一覧を表示します。

カテゴリから絞り込む

働く人の価値観

仕事に関する意識としてあてはまるものは何ですか?

チームより個人で進められる仕事の方を好む

42.4 %
(年)
(%)
働く人の価値観

勤務条件を選ぶ上で重視することは何ですか?

仕事とプライベートのバランスがとれること

33.1 %
(年)
(%)
働く人の価値観

組織を選ぶ上で重視することは何ですか?

会社に将来性があること

13.9 %
(年)
(%)
働く人の価値観

仕事内容を選ぶ上で重視することは何ですか?

やりがいを感じられること

30.5 %
(年)
(%)
働き方の実態

勤務先以外での学習や自己啓発活動として、行っていることは何ですか?

大学・大学院・専門学校

2.0 %
(年)
(%)
働き方の実態

あなたの勤め先で実施されていることは何ですか?

長時間労働の是正

31.3 %
(年)
(%)
働くことを通じた成長

「働くことを通じた成長」にどのようなイメージを持っていますか?

視野の拡大

3.5 pt
(年)
(pt)
働き方の実態

どのような働き方をしていますか?

フルタイムで働いている

93.3 %
(年)
(%)

調査主体

株式会社 パーソル総合研究所

調査名

働く10,000人の就業・成長定点調査

調査対象者

全国男女15-69 歳の有職者
(性別及び年代は国勢調査の分布に従う)

対象人数

10,000 人

調査期間

2017年2-3月~毎年2-3月に実施

引用についてのお願い本データの引用にあたっては、必ず以下の
【出典記載例】に則って、出典をご明記ください。

【出典記載例】 出典:株式会社 パーソル総合研究所「働く10,000人の就業・成長定点調査」

本調査データは、東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター(SSJDA)に寄託を行っております。

COLUMNS

DOWNLOAD

全質問のデータダウンロードはこちら

CONTACT

本調査に関するお問い合わせはこちら

PAGE TOP