特別号 HITO REPORT vol.8(2020年2月発刊)
解説 同一労働同一賃金 ―人事・労務が知っておくべきこと、企業が対応するべきこと―

概要

2020年4月より、働き方改革の柱のひとつである「同一労働同一賃金」が施行されます。これは、パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者と正社員(無期雇用フルタイム労働者)との間の「不合理な待遇差」の解消を目指すものです。背景には、少子高齢時代の〝労働力人口不足〟問題と、〝有期・無期雇用労働者間の処遇格差〟があります。今後は、「賃金体系の改定」はもちろんのこと、雇用形態にかかわらず職務を正しく評価し、働きやすい企業を再構築するための「人事マネジメント」が重要です。そこで本誌では、法改正の趣旨やガイドラインの概要を改めて紐解くとともに、中長期的な視点を踏まえた企業の実務的・戦略的対応を解説します。

INDEX

識者インタビュー

  • 同一労働同一賃金で日本型雇用はどう変わる?
    労働力人口減少時代におけるこれからの〝働き方〟とは
    (株式会社日本総合研究所 副理事長 山田 久氏)

データで見る

  • 日本の働き方の概況

社会保険労務士解説

  • 「同一労働同一賃金」のねらいとは
    (北岡社会保険労務士事務所 代表 北岡 大介氏)

  • 人事・労務が知っておくべき
    「パートタイム・有期雇用労働法」3つのポイント

  • 人事・労務の検討課題とは何か
    「同一労働同一賃金ガイドライン」を読み解く

実務対応

  • 企業が今すぐ対応するべき
    「同一労働同一賃金」実現への段取り

企業事例

  • 待遇改善の取り組み

BOOK GUIDE

  • より「同一労働同一賃金」を知るための4冊

※肩書・内容は取材当時のもの

機関誌HITOラインナップ一覧

おすすめコラム

【経営者・人事部向け】

パーソル総合研究所メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、研究員やコンサルタントのコラム、役立つセミナー・研修情報などをお届けします。

PAGE TOP