新たな営業機会を創出するコンサルティングサービス

新規開拓力の強化コンサルティング

新規開拓の成功確率を高めるために、担当者頼みになりがちな活動を組織の力によって革新します。マーケティングとの連動や勝ちパターンの標準化によって、新しい売り方を生み出します。

新規開拓力の強化のよくある悩み

成長性の高い市場や、
その市場に訴求する自社の
強みが明確でない。

新たな市場に切り込む
“売り方”を開発できない。

ITやウェブマーケティングを、
新規開拓に活用できていない。

新規開拓力の強化のモデルケース

新規開拓力の強化を実現するために必要な変化

新規開拓力の強化を実現するために必要な変化 01.営業戦略の変化 02.プロセスの変化 03.仕組みの変化 04.人の変化 ターゲティングコンサルティング 顧客中心の面談戦略(CS) 面談スキル強化(PSS) 案件戦略の立案と実行(SS)

新規開拓力の強化に活用する方法論の例

01.営業戦略の変化
ワンパターンの新規開拓策から戦略の明確化への営業戦略の変化

ターゲティング及びアプローチ手法の見直し

5C分析

5つのCの切り口からターゲットとする顧客が置かれている環境、および自社の置かれた環境を分析します。

02.プロセスの変化
効率の悪い新規開拓から勝ちパターンを獲得する営業プロセルへの変化

ターゲットごとの新規商談計画

CRP

顧客ごとの活動プロセスをCRP(Customer Relationship Process)フレームワークを使い、行動レベルまで落とし込みます。

顧客戦略検討会

実際の案件を取り上げ受注までのシナリオを立案します。

03.仕組みの変化
担当者頼みの営業活動から商談が生まれる仕組みの定着への変化

リードを生み出すウェブマーケティング

ウェブマーケティングの推進

新しい商談を生み出すための仕組みをウェブマーケティングで推進します。

新規商談に向く組織づくり

パイプラインマネジメント

発生した商談を適切に管理し、適正な売り上げを計画するマネジメント手法を徹底します。

組織風土改革

新規商談を歓迎し、目的達成を志向する組織風土へ変革します。

04.人の変化
新規開拓営業に消極的なメンタルから結果を出せる個々の能力向上への変化

商談を受注に変える個々の営業力強化

仮説構築力強化

顧客が置かれている環境を分析し、自社製品やサービスを結び付けながら顧客ニーズの仮説を構築する能力を高めます。

モチベーションコントロール

前向きなチーム風土づくり、コミュニケーションの円滑化を通じて、高い目標に挑むモチベーションの醸成を図ります。

ケーススタディ

CASE1:新規開拓戦略を行動計画に展開し、実行力を強化する

新規開拓の戦略を営業プロセスと具体的な行動計画に展開します。戦略の背景や狙いに対する営業一人ひとりの理解を促し、行動計画の実践、振り返りを通じて営業プロセスを進化させます。同時に新規開拓の進捗を把握し、より効果的な戦略の見直しにつなげます。

新規開拓力の強化のケーススタディ1の流れ説明図

CASE2:ウェブマーケティングを活用した新規受注の仕組みをつくる

現行の営業プロセスをウェブマーケティングとの連動という観点から見直し、新規リードを生み出すプロセスへと再構築します。ウェブマーケティングへの投資対効果を検証し、継続的に改善、進化させる仕組みに変革します。

新規開拓力の強化のケーススタディ2の流れ説明図

CASE3:仮説構築力・面談力を高め、突破口をつくる

新規の営業商談を効果的に展開するための、個々の仮説構築力、面談力を高め、突破口をつくります。同時に個々の商談の進捗を組織的に把握できるよう営業プロセスの可視化を進め、新規開拓のプロセスとして明確化します。

新規開拓力の強化のケーススタディ3の流れ説明図

人材開発・教育支援

PAGE TOP