自立型人材育成「BPPプログラム」

自己の仕事のスタイルを確立し、組織に依存しない
自立した"プロフェッショナル"人財を目指す

自己の仕事のスタイルを確立し、組織に依存しない自立した "プロフェッショナル"人材を目指します。

7つの習慣」を翻訳、セミナー事業を日本で展開した川西茂氏がプログラム開発。集合研修だけではなく、事前学習・事後のフォローアップ、研修受講者同士の相互刺激等により、意識変換(パラダイムシフト)と行動の習慣化に向けたアプローチを継続的に行なう仕組みが作りこまれています。

BPPプログラムとは

持続的に高い成果を出している人財=「ベスト パフォーマンス パーソン」(BPP)の行動特性を学び、自らも最高の成果をあげる人財となることを狙いとした研修プログラムです。
集合研修だけではなく、事前学習・事後のフォローアップ、研修受講者同士の相互刺激等により、意識変換に向けたアプローチを継続的に行なう仕組みが作りこまれています。

BPPプログラムとは

仕事で卓越した成果を上げ続ける人々(BPP)の特性を調べると、皆共通した3つのサイクルがあり、それはBPPだけがもっている特殊な要素ではなく、誰にでもある要素(12項目)をうまく引き出し、相互に影響を与えていたことが分かりました。これを私たちは「BPPサイクル」と呼んでいます。

BPPといわれる人たちは、自分の内発的目標に向かって「パフォーマンスサイクル(結果)」「パワーサイクル(能力)」「キャラクターサイクル(人格)という3つの歯車を相互に影響を与えながらダイナミックに動かしています」

BPPプログラムの最大の特徴

パラダイム転換、内発的目標の設定、行動を生む出す意識化、受講者同士の相互啓発・・・などのプログラム設計により、実際の行動につなげ、実践・定着させるための仕組みができていることです。

受講対象者

BPPプログラムは全てのビジネスマンに適合できるプログラムですが特に次のような方に最適です。

  • 社会人3年目~10年程度の中堅社員

  • 職場リーダー、管理職候補

プログラムの目的・ねらい

  • ビジネスマンとしての自覚、組織における役割を明確に把握し、最高のパフォーマンスを継続的に発揮するために必要な要素を学びます。

  • 自分自身をより深く知り、これから磨くべき人間力(人格)と仕事力(能力)を発見してもらいます。

  • 自分自身の仕事や人生と真剣に向かい合い、内発的な目標を設定することで、進むべきキャリアをデザインします。

研修プログラム

2日間の集合研修のなかで実施される標準的なカリキュラムです。

1日目

時間 内容
9:00
  • 1.自己紹介
  • 2.BPPプログラムの前提となる考え方
  • 3.研修ゲーム「Cooperation Game」

    ⇒ゲームの振り返り

    ・最高の成果を上げる8つの要素を学ぶ
    ・仕事の本質を学ぶ

  • 4.BPPのエッセンスを分析する

    ①3つのサイクルと12の項目
    ②3つのサイクルと12の項目を活かす2つの要素
    ③脳(思考・パラダイム)の3つの問題点

  • 5.思考スタイルの分析をする

    ①ハーマンモデル理論を学ぶ

    a.ロジャースペリー「左脳・右脳モデル」
    b.ポールマクリーン「脳の三位一体構造」
    c.ネッドハーマン「全脳モデル」

    ②自分の思考スタイルを知る

17:00
  1. 6.自分のスタイルを明確にする

    ⇒12の項目をベースに自分のカルテをつくり、自分の強み・弱みを分析する

2日目

時間 内容
9:00
  • 1.Teach & Learn

    ⇒グループ単位で1日目の内容を振り返る

  • 2.BPPインタビューCD Vol.1・2の分析

    ①インタビューCD・出演者から優れた要素を学ぶ
    ②BPPの12項目を観点に優れた要素を分析する
    ③グループ単位で分析&発表

  • 3.持続的に高い成果を発揮するために不可欠な4つの価値を学ぶ

    ①仕事・人生で最も大切な4つの価値
    ②ライフバランスを考える

  • 4.Bring out the Best

    ⇒3人による相互インタビュー

    a.自己のスタイルの意識化
    b.プロとしての再現性を実現する

  • 5.目標設定のスキルと目標達成のノウハウを学ぶ

    ①目標設定の手法を学ぶ

    a.ダブルスタンダード(自己実現と組織貢献)を考える
    b.人生と仕事のポーラスター(目標)を考える
    c.Pin-Point Targeting

    ②今後の行動目標を設定する
    ③設定した目標を達成するための手法を学ぶ

    a.コーチングチームをつくる
    b.80:20の法則

17:00

プログラム開発者

川西 茂

株式会社ザ・アカデミージャパン 代表取締役社長

川西 茂

Shigeru Kawanishi

16年間のサラリーマン生活後、経営学者S・Rコヴィー博士の著書『THE 7 HABITS HIGHLY EFFECTIVE PEOPLE』に感銘を受け、渡米。帰国後、日本での「7つの習慣」のセミナー展開と 翻訳に着手。1992年コヴィー・リーダーシップ・ジャパン社長、1998年フランクリン・コヴィー・ジャ パン副社長を歴任。翻訳した『7つの習慣』は日本で180万部を突破し、数多くのビジネスマンに 愛読されている。また、「7つの習慣」セミナーは、延べ4,000社・200,000人が受講するに至っている。

2005年自ら開発したキャリア開発研修を展開すべく株式会社ザ・アカデミージャパンを設立。
新しい人材開発の形を追い求め、今も全国各地で講演、研修、執筆活動を行う。

人材開発・教育支援

PAGE TOP