HOMEセミナー・イベント 産業医・健康経営の視点から見るメンタルヘルスの実態

※本セミナーの受付は終了しました

AI時代におけるメンタルヘルス不調の予防と介入とは

受講対象者/こんな方におすすめです

  • 経営層
  • CHRO
  • 人事役員
  • 人事部長
  • ※1社3名様までご参加いただけます。
  • ※定員を上回るお申し込みをいただいた場合は、抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

こんな課題を解決!

  • 『健康経営』の大きな課題となる、従業員のメンタルヘルス不調。
    その予防・対策に、 客観的データとAIを活用するあらたな手法についてお伝えいたします。

本セミナーの目的と特徴

日本再興戦略の中の取り組みである『健康経営』は、企業経営のテーマです。
その目的は、「業績向上」「企業価値向上」です。それを実現させるために「従業員の健康増進」や「従業員の活力向上」への投資が必要です。
これは、「組織活性化」と「生産性向上」にもつながります。
現在、『健康経営』の大きな課題となっているのが、従業員のメンタル不調です。
本講演では、専門家より多角的に視点で客観的データとAIを活用して実施するメンタルヘルス不調の予防と対策についてお伝えいたします。
これからの『健康経営』を一緒に考えていきましょう。

登壇・講演

水田正道のプロフィール写真
パーソルホールディングス代表取締役社長CEO
水田 正道(みずた まさみち)

1959年生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、リクルート入社。1988年、テンプスタッフ創業者の篠原欣子氏にヘッドハンティングを受け、同社に転職。2013年6月、テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)およびテンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)代表取締役社長就任。2016年6月より現職。

髙橋豊のメンタルヘルスセミナー用写真
執行役員 ラーニング事業本部長 人材開発コンサルタント
髙橋 豊(たかはし ゆたか)

大手建設会社で総務人事担当、電気メーカー子会社での採用及び研修担当を経て、株式会社日本能率協会コンサルティングに入社。研究所や技術開発組織の知的生産性向上を目的とした組織開発コンサルティングと管理職及び経営層のコーチングを担当。顧客は、大手IT企業、プリンタメーカーなど。コンサルティング対象チーム数は、1,000を超える。2015年にトーマツイノベーション株式会社に入社。人材育成コンサルタントとして内定者から経営者向けの人材育成体系などをコンサルティングと研修を実施。同時に講師派遣研修事業の事業責任者に従事。2018年10月より現職。

石山洸のプロフィール写真
株式会社エクサウィザーズ 代表取締役社長
石山 洸(いしやま こう)

東京工業大学大学院修士課程修了。2006年4月、リクルートに入社。同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度で新会社を設立。事業を3年で成長フェーズにのせ売却。2015年4月、リクルートのAI研究所を設立し、初代所長に就任。2017年10月より現職。静岡大学客員教授、東京大学未来ビジョン研究センター客員准教授。

永田智久のプロフィール写真
産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室講師
永田 智久(ながた ともひさ)

1976年愛知県生まれ。2002年、産業医科大学医学部卒業。05年ファイザー株式会社名古屋工場産業医。08年産業医科大学産業医実務研修センター助教。12年産業医科大学産業生態科学研究所助教。著書に「よくわかる健康会計入門」(法研)など。日本産業衛生学会指導医。労働衛生コンサルタント。

タイムスケジュール

時間内容
16:30-16:45 ご挨拶 水田 正道
16:45-17:15 講演① 永田 智久 氏
17:15-17:45 講演② 石山 洸 氏
17:45-18:15 講演③ 髙橋 豊
18:15-19:00 懇親会

※本セミナーの受付は終了しました

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

PAGETOP
PAGETOP