HOMEセミナー・イベント 『働き方改革』から『組織開発』へ ~現場主体で変革を推進するための3つの鍵とは?~

『働き方改革』から『組織開発』へ
~現場主体で変革を推進するための3つの鍵とは?~

受講対象者

  • 企業内で、組織開発を推進されている責任者・担当者の方
  • 企業内で、「生産性の向上」や「働き方改革」、「女性活躍」などのプロジェクトを推進されている責任者・担当者の方
  • ※1社2名様までご参加いただけます。
  • ※同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)の方、個人の方のご参加はご遠慮ください。

本イベントの目的と特徴

押し寄せる人手不足、ますます多様化する社会など、ビジネス環境が大きく変わりつつある現代において、「生産性の向上」や「働き方改革」というワードが至る所から聞こえてきます。しかし、現場の反応はネガティブなものが多いようです。その原因をいくつか挙げてみますと・・・

  • 組織として、何を目指しているのかを社員に示していない。改革や取組みの先にある未来を社員に提示していない
  • 組織の上位者の発言や行動を見ていると、以前と変わっていないため、社員も一過性のものとして"受け流して"いる
  • ハード面(仕組みや制度)を変えることだけで改革を進めようとしている

皆さんの会社ではいかがでしょうか?
私たちは、「生産性の向上」も「働き方改革」も、その目的は"持続可能な組織・職場づくり"であると考えています。そして、そのための手段として組織開発の実践を提言しております。

社員が「生産性の向上」も「働き方改革」も、その目的を「労働強化」や「残業時間の削減」と捉えている状況では、不満や愚痴が噴出し、結局は何をやっても何も変わらないことが容易に想像できます。

また、ノー残業デーやパソコンの強制電源オフ、モバイルツールの付与といったハード面(仕組みや制度)を整えるだけでなく、同時にソフト面(人の意識や行動習慣)にもアプローチしないことには、組織や職場はなかなか変わりません。
特にソフト面(人の意識や行動習慣)を変えるには、上司を含めての社員同士の継続的かつ深い対話が必要です。

本イベントでは、いま現場で何が起こっているのか、なぜ持続可能な組織・職場づくりが大切なのか、どうすれば持続可能な組織・職場づくりを実現できるのかというテーマで、立教大学の中原 淳 教授と共に開発した組織診断ツールのご紹介を含め、お話しいたします。

参考書籍

超高齢化社会を迎え、あらゆる仕組みをアップデート する必要に迫られている日本。女性やシニア、外国人を はじめとした多様な人々の力がカギとなる中、それを 拒む最大の障壁が、日本独特の働き方「残業」です。 政府も企業も「働き方改革」を叫ぶ今、 本当に必要なのはそれぞれの「持論」ではなく、 客観的なデータを基にした「ガチ」な対話。 一体なぜ、日本人は長時間労働をしているのか? 歴史、習慣、システム、働く人の思い―― 2万人を超える調査データを分析し、 あらゆる角度から徹底的に残業の実態を解明。 仕事と人生の「希望」は、ここから始まります。
■タイトル:『残業学(明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?)』
■著者:中原淳+パーソル総合研究所
■出版社:光文社新書

タイムスケジュール

時間内容
14:00

◆ご挨拶

◆中原淳 教授 基調講演
「働き方改革」から「組織開発」へ
~現場主体で変革を推進するための3つの鍵とは?

休憩

◆ミニ・ワークショップ
「見える化」のための組織診断

質疑応答

17:00

※満員につきご応募を締め切りました

PAGETOP
PAGETOP