HOMEセミナー・イベント 配るマネジメント研修

人材開発・社員研修のセミナー

配るマネジメント研修

プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ

受講対象者

  • 企業の人事・人材開発部門、経営企画部門の責任者・担当者の方
  • ※1社2名様までご参加いただけます。
  • ※同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)の方、個人の方のご参加はご遠慮ください。
  • ※本体験セミナーは、自社への研修導入の可否判断をしていただくためのものです。ご参加は自社の研修を企画・決裁する立場の方に限ります。

こんな課題を解決!

  • プレイングマネジャーが多く、組織マネジメントを機能させることに苦労している
  • 経営と現場との狭間で揺れ動くマネジャーに自信を持たせたい
  • 多様な個性や、様々な勤務形態で働くチームをマネージする能力を育てたい

本セミナーの目的と特徴

近年、マネジャーに求められる役割は複雑で難しくなってきています。しかし企業が実施しているマネジメント研修は一昔前のマネジャー像を前提にしていたり、労務管理を中心とした内容が数多く見られ、現場のマネジャーが一番知りたい「人と組織を動かす基本」を学ぶ機会がないまま、日々のマネジメントで苦労しているマネジャーが増えてきているのが現状です。

本セミナーでは、そのような状況に対して「チームに適切な情報を配ることに集中することで、部下のやる気を高め、力を惜しみなく発揮させる」ことを主眼にして、「人を動かすコミュニケーション」「組織の中のマネジメント」「部下とチームの動機づけ」等の重要性を知ると共に、それらを実行するポイント・手法についてご紹介します。

実際の研修は、座学で知識を得るのではなく、グループディスカッションやシミュレーションゲームによって、考えたり、迷ったり、実践することで、マネジメントの原理原則を実感できる構成が特徴となっています。

自社のマネジメント層のチームマネジメント力を総合的に上げていきたいとお考えの人事責任者・担当者の方はこの機会にぜひご参加ください。

開発の経緯

本研修はリーダーシップ、組織行動の第一人者であり、慶應ビジネススクールで長期にわたってリーダーを指導してきた高木晴夫教授の著書「マネジャーの仕事はたった1つ」をもとにしています。

management-img01.jpg

高木 晴夫氏

法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/慶應義塾大学大学院経営管理研究科名誉教授。 専門は組織行動学、組織とリーダーシップ。

2011年 NHK番組「白熱教室JAPAN」に出演。ケースメソッド授業を4回放送。
『トヨタはどうやってレクサスを創ったのか』、『実践!日本型ケースメソッド教育』、『組織マネジメント戦略』 『人的マネジメント戦略』、『組織の経営学』、『静かなリーダーシップ』他多数。

タイムスケジュール

時間内容
14:00

はじめに

マネジャーに最も大切なこと

人を動かすコミュニケーション

組織の中のマネジメント

マネジャーゲーム

部下とチームの動機づけ

質疑応答・アンケート

17:00

開催概要

日程時間会場定員料金申込状況
2018年7月13日(金) 14:00~17:00 新宿マインズタワー18F Map 24名 無料
受付中
2018年12月3日(月) 14:00~17:00 新宿マインズタワー18F Map 24名 無料
受付中
PAGETOP
PAGETOP