HOMEセミナー・イベント - アジア太平洋と欧米を対象とした - 海外赴任前<異文化ビジネス>セミナー

海外の⽇系企業で使われている "Winning Together at Japanese Companies" の著者が、海外でも信頼され、現地の⼈を力強く導くリーダーになるコツをコーチングします!

受講対象者

  • アジア太平洋諸国の人々と仕事をする上で必須の常識、スタンスを押さえたい
  • 現地の協業相手や社員の琴線に触れるコミュニケーション技術を学びたい
  • "グローカル"ビジネスの要である現地人材の掌握の肝を掴みたい
  • 英語力と実務上要求されるパフォーマンスレベルのギャップを埋める⽅法を知りたい
  • 納期や目標必達へのこだわりなど価値観の違いへの対応法を理解したい
  • 厳しさと優しさ、公と私のバランスなど、国際間のリーダーシップを学びたい
  • 日本式の商慣習の良い部分を海外で活かせる方法があれば知りたい
  • ※初めての海外赴任の可能性のある方、出張で技術指導の任務を控えている方、現地組織で管理職からトップの立場で組織管理を始めて行う方、海外研修生として旅発つ方、海外ビジネスを⽀援する国際業務や⼈事部⾨の⽅々。若手~シニアまで歓迎いたします。
  • ※1社2名様までご参加いただけます。
  • ※企業の人事部門の責任者・担当者の方がご参加対象です。
  • ※本体験セミナーは、自社への研修導入の可否判断をしていただくためのものです。ご参加は自社の研修を企画・決裁する立場の方に限ります。

こんな課題を解決!

  • 現地の⼈と仕事をする際の接し方や指導のスタンスが分からない
  • 多国籍の相手との「信頼」をどのように築いてゆくのかのイメージが掴めない
  • 語学力に関わらず、自他を利するメッセージの伝え方の基本を学びたい
  • 仕事と人間関係の両面において慕われるリーダーの姿を知りたい
  • 経営幹部としての強力な組織づくりや立ち居振る舞いの型を学びたい
  • 曖昧な海外勤務への先入観が整理され、赴任への心の準備を始めたい

本セミナーの目的と特徴

縮小の一途をたどる国内市場の一方で、国際競争力ランキングでも低迷する日本企業の活路は海外市場のアグレッシブな取り込みにあることは言を俟ちません。このような激動の国際事業の担い手として「海外赴任者」には新しい役割が課されていると言えるでしょう。VUCA時代における厳しくも日本企業ならではの光明を見出すことのできるグローバルリーダーの養成は古くて新しい課題となっています。

講師

河谷 隆司
株式会社ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役
異⽂化マネジメントコンサルタント
河谷 隆司(かわたに たかし)

アジア太平洋(アセアン・インド・中国他)、欧⽶、⽇本でマネジメントやリーダーシップ等の調査研究と研修を多国籍の受講者に対して日英語で⾏う。
(学)産能⼤学・国際部講師、マレーシア戦略国際問題研究所(ISIS)・⽇本研究センター等を経て現職。⽇本在外企業協会・在外特別アドバイザー歴任。1992年より16年半、マレーシア在住。著書『アジア発・異⽂化マネジメントガイド』『英語の話せるボスになる』『多⽂化チームマネジメント(DVD)』『Winning Together at Japanese Companies』(日英/日タイ/フルカラー)他。世界⼈材開発会議よりStrategic Leadership Award 受賞。

タイムスケジュール

時間内容
14:00

1. アジア太平洋の人々の成長欲求とジレンマを占う2つのポイント

2. 信頼を積み重ね、離職の芽を摘む、⽇常のコミュニケーションの取り⽅

3. ⽇本⼈の想いが通じない3⼤理由と対応法

4. ⽇本⼈への本⾳を現地インタビュー動画で体感する

5. 相手を活かし当事者意識を植え付ける"アライメント"の基本スキル

6. ⺠族・宗教の異なる多⽂化チームをまとめる時の注意点

7. 地域共通のリーダーシップの⻩⾦律

8. 受講者とのオープンQ&A

17:00

開催概要

日程時間会場定員料金申込状況
2019年11月20日(水) 14:00~17:00 パーソル南青山ビル セミナールーム3D Map 30名 無料
受付中

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

PAGETOP
PAGETOP