ミラーハイマングループの法人営業力強化プログラム

顧客中心の面談戦略(CS)

Conceptual Selling®(CS)とは

確実に商談を進めるための面談戦略の立案と実行力を身に付けるプログラムです。
複数の意思決定者が関わる顧客側の購買プロセスを正しく理解し、的を射た面談の準備をするなどのスキルが身に付きます。

特徴

  • CSで学ぶ面談戦略「ミーティングプラン」は世界中の営業組織で面談戦略の実行準備に活用されているメソドロジーです。受講後に頒布されるexcelのミーティングプランシートを活用し、日々の営業活動に生かすことができます。

  • 顧客の関係者間に相反する意見がある場合や、優先順位の異なる関係者がいる場合に、1回1回の面談での十分な情報収集によって、お互いの実施することを明確にします。

  • 意思決定に関わる多くの関係者の“達成、改善、回避したいこと”を引き出す質問と価値提供の言葉を事前に準備します。

このような課題のあるセールスの能力開発にお勧めします

  • 顧客中心で面談ができるような準備をしっかりできるようにしたい

  • 時間の無駄になるような価値のない面談をなくしたい

  • 的を射た質問によって顧客の情報を抜けもれなく把握したい

  • 複数の意思決定者がいても、それぞれに対して自社が提供できる価値を説明できるようにしたい

  • すべての面談を、案件を成約に向けて進展させるものにしたい

  • 顧客との相互の理解を深め、関係性を強化したい

対象者

  • 法人営業担当者

  • 営業マネジャー

学習効果

  • 営業担当者にとって

    • 顧客との面談を生産的で意味のある時間にするために、多角な視点で面談の事前準備ができる

    • 重要な情報を明らかにするための質問をすることができる

    • 次のステップに向けて、顧客と営業のアクションを明確にし、面談を締めくくることができる

    • 面談を顧客中心で進めることや、1回1回の面談の目的を常に意識することができる

    • 販売プロセスと、顧客側の購買プロセスを明確にして連動させることができる

  • 貴社にとって

    • 顧客との面談を進める上で、時間も含め最適なリソース配分を見極めることができる

    • 顧客との効果的な面談を通して、販売プロセスを確実に進展させることができる

    • 一貫してベストプラクティスを実践することにより、営業チームの強化を図る

人材開発・教育支援

PAGE TOP