パーソル総合研究所

HOMEメールマガジン Vol.210:人材データを分析・活用するためには?企業のデータ活用の4フェーズとステップ

Vol.210:人材データを分析・活用するためには?企業のデータ活用の4フェーズとステップ

2020年11月11日

パーソル総合研究所が2020年7月末に実施した「人材マネジメントにおけるデジタル活用調査2020」では、従業員100名以上の企業の41%が人材データを使って何らかの分析を実施しており、それら企業の半数以上が、分析結果を意思決定に活用できていないことがわかりました。

今回は、前述の調査から明らかになった人材データを意思決定に活用するにあたっての課題や、ピープルアナリティクスを専門とするコンサルタントが人材の将来価値の測り方について解説するコラムをご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
人材データを分析・活用するためには?企業のデータ活用の4フェーズとステップ(Vol.210)  
■━━━━━━━━━━━━━━━━■
-INDEX-
[1]人材データ分析をしている企業の半数以上は意思決定に活用できていない。
人材データを意思決定に活用するための課題とは?
[2]人材マネジメントにおけるデジタル活用に関する調査2020
[3]優秀人材の採用・育成に重要な人材の『将来価値』は測ることができるのか?

◇------------------------------
[1]人材データ分析をしている企業の半数以上は意思決定に活用できていない。
人材データを意思決定に活用するための課題とは?
-------------------------------◇
パーソル総合研究所が実施した「人材マネジメントにおけるデジタル活用調査2020」では、従業員100名以上の企業の41%が人材データを使った何らかの分析を実施していることがわかり、従業員5,000名以上の大企業に絞ると、分析実施企業の割合は58.7%にのぼりました。
一方、人材データの分析をしている企業の半数以上が、「データ活用目的が不明瞭であること」や「データの一元管理」などの課題により、分析結果を意思決定に活用できていないことがわかりました。本調査の結果を見ながら、人材データの分析を意思決定に活用するための道筋についてご紹介します。

▼詳細はこちら>>
https://rc.persol-group.co.jp/column-report/202010300001.html

◇-----------------------------
[2]人材マネジメントにおけるデジタル活用に関する調査2020
-------------------------------◇
人材マネジメントにおけるデジタル活用意向をはじめ、デジタル活用をしている領域や直近1年以内に導入・強化したデジタルツールのランキングなど、人事・総務・経営企画担当者800名に調査した結果をご紹介。報告書全文のPDFもダウンロードしてご覧いただけます。

▼詳細はこちら>>
https://rc.persol-group.co.jp/research/activity/data/digital-utilization.html

◇-----------------------------
[3]優秀人材の採用・育成に重要な人材の『将来価値』は測ることができるのか?
-------------------------------◇
経営環境の変化が激しい現代では、過去に実績のある人や現在ハイパフォーマーの人が、5年後10年後も活躍し続ける人材とは限りません。そこで、注目されるのが人材の「将来価値」ですが、果たして「将来価値」は測ることができるのでしょうか。
ピープルアナリティクスを専門とするパーソル総合研究所のコンサルタントが、さまざまな企業事例を紹介しながら人材の「将来価値」の測り方について解説します。

▼詳細はこちら>>
https://rc.persol-group.co.jp/column-report/peopleanalytics/202004160001.html

※内容・リンクは配信当時のものです

【経営者・人事部向け】

パーソル総研 メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、
研究員やコンサルタント・講師のコラム、お得なセミナー・研修情報などをお届けします。

メルマガ登録はこちら

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

PAGETOP
PAGETOP