人事・人材開発向け
ATD ニーズアセスメント認定コース(旧名:研修ニーズ分析コース)

世界標準の人材開発ニーズアセスメントのプロセスとスキルを学び、
事業の成果に貢献する人材開発施策の企画・立案ができる

人的資本経営、人材投資の見える化、リスキリングなど、経営戦略や事業戦略に沿った人事施策展開への期待が高まる中、人事・人材開発の専門性向上が求められています。

今回、世界標準の人事・人材開発向けプログラム「ATD* Certificate Program」を日本語で学べるコースを実現しました。
「ATD ニーズアセスメント認定コース」では、組織のビジネス成果を向上させるための人材の課題(パフォーマンスニーズ)を特定し、解決策を提案するプロセスと、そのための実践的で具体的なデータ収集方法を学びます。

お申し込み

2024年03月06日(水)・13日(水)・21日(木)

受付中

2024年06月10日(月)・17日(月)・24日(月)

受付中

2024年09月09日(月)・18日(水)・24日(火)

受付中

2024年12月09日(月)・16日(月)・23日(月)

受付中

以下のような悩みや課題を持つ人事・人材開発の皆さんにおススメです。

☑人的資本向上に向けて研修体系を見直したいが、何に手をつけてよいかわからない
☑研修の効果測定をしたいが、何を成果とするかが曖昧だ
☑既存の研修運営や、経営から降りてきた要求の実現で手一杯。これでよいのだろうか

*ATD(Association for Talent Development)は、人材開発に関する世界最大の非営利団体です。1944年に発足。アメリカに本部を持ち、100か国以上の国から約4万⼈の会員が参加しています。
ATDのホームページ https://www.td.org/

atd_nisu

開催概要

日数

3日間

開催日

2024年03月06日(水)・13日(水)・21日(木)

2024年06月10日(月)・17日(月)・24日(月)

2024年09月09日(月)・18日(水)・24日(火)

2024年12月09日(月)・16日(月)・23日(月)

開催時間

半日(4.5時間)×3回 13:00~17:30

受講料

一般 220,000円(税抜価格200,000円)*
ATD会員 192,500円(税抜価格175,000円)**
*今回のセミナー参加と同時にATDへ入会を希望される方は、お申し込みフォームの通信欄に「同時入会希望」とご記入ください。上記一般価格をお支払いいただくことで、追加のお支払いなくワンストップでATD入会できます。(229ドルのInternational Professional Memberメンバー相当として受講後1年間登録します)
**ATD会員の方はお申し込みフォームの通信欄に8ケタの会員番号(Member Number)をご入力ください。会員番号はATD会員ページのMy Account>Membership で確認できます(下記、お申込み時のお願い>ATD会員番号の確認方法をご参照ください)

会場

オンラインセミナー

定員

25名

対象者

人事、組織変革・人材開発担当の方
・経営戦略に沿った人事戦略、 人材開発を実施したい方
・人材開発のプロフェッショナルとして スキルアップしたい方
・データに基づいた課題解決プロセスの 基礎をおさえたい方
・HRBP職
外部コンサルタントの方

特長

◆実践的かつ体系的なスキル!
ビジネス目標達成に必要な人材課題を特定するためのデータ収集の実践的なスキルを体系的に学べます。

◆世界標準のプログラムを日本で学習!
ATDが提供する人事・人材開発のための「Needs Assessment Cerificate Program」を日本語で学べます。

◆ATDの修了認定証を取得!
修了者にはATDによる「修了認定証(Certificate of Completion)」が発行されます。

学習形態

オンライン会議システム Zoom を利用します。
※受講時にインターネットに接続できるPC、タブレットいずれかが必要です。スマートフォンは使えません。
※周囲への騒音やハウリング防止のため「イヤホン」の使用をお勧めします。
※体験ワークがありますので、マイクオン、カメラオンでご参加をお願いします。

オンライン開催の注意事項はこちら

学習内容

ニーズ分析サイクルに沿って、様々な学習手法(講義や討議、ミニ演習やケーススタディ)を用いて理解を深めます。

・体系的なプロセスで、ニーズ分析を実施する
・パフォーマンスニーズを特定し、そのニーズの元を特定する
・個人、組織が結果を出すための学習ソリューション、その他 提案事項を決定する
・ニーズ分析の一環として、評価戦略を説明する
・効果的にデータを収集する
・ニーズ調査への抵抗に対処する
・主要なステークホルダーからの信頼を得て、協力関係を構築する

プログラム構成

学習項目 内容(一部抜粋) 学習技法
イントロダクション •セルフアセスメント
•ニーズ分析の概要
講義・討議
セルフチェック

ニーズ分析プロセス

(なにを、どのように)

•組織のニーズ
•パフォーマンスニーズ
•キータスク・コンピテンシーの特定
•パフォーマンスギャップ    
•パフォーマーニーズ    
•ソリューションの可能性と推奨    
講義・討議
ミニ演習
ケーススタディ
一般的なデータ収集方法 •データ収集方法の種類
•①インタビュー
•②業務観察(作業手順と成果物の観察)
•③フォーカスグループ    
•④アンケート調査    
講義・討議
ミニ演習
ケーススタディ
ニーズ分析への抵抗への対処 •想定される課題と解決策
•正式なニーズ分析の代替策
•支持を得るための活動

講義・討議
チームチャレンジ

提供されるツール類

 1.組織目標チェックリスト
 2.タスク分析チェックリスト
 3.コンピテンシーチェックリスト
 4.インタビュー計画チェックリスト
 5.インタビュー質問サンプル
 6.インタビュー実施チェックリスト
 7.業務・成果物オブザーブチェックリスト
 8.インタビュー質問チェックリスト
 9.ニーズ分析チェックリスト
 10.環境要因チェックリスト
 11.サーベイ計画チェックリスト
 12.業務観察事例

期待効果

・ビジネスの成果に結びつく人材開発施策を企画するための、ニーズアセスメントのプロセスを実行できる
・ビジネスニーズ、パフォーマンスニーズを評価・分析するツールとスキルを使うことができる
・ステークホルダーが表面的に欲した研修ではなく、ビジネス成果のために真に必要な人材開発施策を提言できる

導入実績

ヒルトン、ファイザー、NIKE、ボーイング、ウォルマートほか、世界中の人事・人材開発の方が参加しています

受講者の声

■課題に対して実施していたつもりが、所属長に言われてやっていただけだと気づいた
■研修をあるべき論中心で組み立てていた。圧倒的にできていないのはニーズの分析だとわかった
■実務の中で、自分なりに大事だと思っていたことが、体系化されていた。スタンダードとして確信が持てるようになった

お申込み時のお願い

■セミナーお申し込みフォームの申込者情報には、アルファベットのFirstNameとLastNameもご入力ください(ATDによる修了認定証発行のため)
■ATD会員の方は、お申し込みフォームの通信欄に8ケタの会員番号(Member Number)をご入力ください。会員番号確認方法はこちらをご参照ください。
■ATD会員でなく、今回受講と同時に入会をご希望の方は、お申し込みフォームの通信欄に「同時入会希望」とご入力ください。
■お申込者情報はATDに提供されます。あらかじめご了承ください。(ATDの提供する受講ポータルサイトへの登録、修了認定証の発行のため)

備考

【プライバシーポリシー】
ATD (Association for Talent Development)

【お問い合わせ事務局】
株式会社パーソル総合研究所 ATD事務局
prc-atdedu@persol.co.jp

申し込み

日程

受付中

2024年03月06日(水)・13日(水)・21日(木)

申し込む

受付中

2024年06月10日(月)・17日(月)・24日(月)

申し込む

受付中

2024年09月09日(月)・18日(水)・24日(火)

申し込む

受付中

2024年12月09日(月)・16日(月)・23日(月)

申し込む

オンライン個別相談(30分)

人事・人材開発プロフェッショナル養成における課題解決をサポートします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

人事・人材開発プロフェッショナル養成に関する資料や費用など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP