【録画視聴】機関誌HITO「人事トレンドワード2023-2024」発刊記念セミナー
~パーソル総合研究所が選んだ人事トレンドワード解説~

【録画視聴】機関誌HITO「人事トレンドワード2023-2024」発刊記念セミナー~パーソル総合研究所が選んだ人事トレンドワード解説~
  • ・2023年12月~2024年1月にかけて開催した収録型セミナーのアーカイブ動画です

人事のトレンドは移り変わっていきますが、時流やその変遷を冷静に捉え、自社が注力すべきことを見極めることが重要です。そこで、トレンドの軌跡を客観的に残すべく、パーソル総合研究所の機関誌『HITO』では、毎年12月にその年を振り返り、次の一年を見通す中で、人や組織にとって重要となるであろう3つの「人事トレンドワード」を選定し、発表しています。

前回、2022-2023年のトレンドワードとして弊社が選定したのは「テレワーク」「DX人材」「人的資本経営」でした。本セミナーでは、今回2023-2024年のトレンドワードとして選定した3つのワードを発表。さらに、その中でも特に注目したい1ワードを取り上げ、機関誌『HITO』編集長の木下学をモデレーターに、法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科の山田久教授、弊社シンクタンク本部上席主任研究員の小林祐児が、それぞれの視点から解説いたします。仕事に向き合っていく中で、皆様にとって刺激や支えになる要素があれば幸いです。

セミナー概要

視聴方法

※ フォームお申し込み後、録画視聴のURLを記載したメールをお送りいたします
※ メールが受信できない場合はこちら

視聴期限

2024年3月31日(日)まで

参加費

無料

会場

オンライン(録画視聴)

対象

・経営幹部、経営企画部門の方
・人事、人材開発、組織開発部門の方
※ 同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)、個人の方のお申し込みはご遠慮ください

登壇者

法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授、株式会社日本総合研究所 客員研究員

法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授
株式会社日本総合研究所 客員研究員

山田 久氏

Hisashi Yamada

京都大学経済学部卒業。住友銀行(現三井住友銀行)入行。1991年日本経済研究センター出向。1993年より日本総合研究所調査部出向。同調査部長、チーフエコノミストなどを経て2019年より副理事長。2015年、京都大学博士(経済学)。2023年副理事長退任、客員研究員。同年より法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授。

株式会社パーソル総合研究所 上席主任研究員 小林 祐児

株式会社パーソル総合研究所 シンクタンク本部 上席主任研究員

小林 祐児

Yuji Kobayashi

上智大学大学院 総合人間科学研究科 社会学専攻 博士前期課程修了。NHK放送文化研究所に勤務後、マーケティングリサーチファームを経て、現職。労働・組織・雇用に関する多様なテーマについて調査・研究を行っている。専門分野は人的資源管理論・理論社会学。著書に『リスキリングは経営課題』『早期退職時代のサバイバル術』など多数。

パーソルホールディングス株式会社 CEO Office 本部長、株式会社パーソル総合研究所 機関誌『HITO』 編集長 木下 学

パーソルホールディングス株式会社 CEO Office 本部長
株式会社パーソル総合研究所 機関誌『HITO』 編集長

木下 学

Manabu Kinoshita

慶應義塾大学商学部卒業、2000年インテリジェンス(現:パーソルキャリア)入社。事務派遣営業、本社人事採用責任者を経て、2012年に転職サービスdodaのマーケティング部門の責任者、doda編集長に着任、2017年にパーソルキャリアの人事ならびにコーポレート部門責任者、2020年にパーソルホールディングスに異動し経営戦略本部長、2021年よりパーソル総合研究所機関誌『HITO』 編集長を兼任し、2023年CEO Office 本部長に着任。一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)の事務局 ソーシャルバリュー推進委員会の責任者も兼任している。

録画視聴 お申し込み

※フォームお申し込み後、録画視聴のURLを記載したメールをお送りいたします
※同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)・個人の方のお申込みはご遠慮ください
※ メールが受信できない場合はこちら

オンライン個別相談(30分)

キャリア開発支援における課題解決をサポートします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

キャリア開発支援に関する資料や費用など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP