CONSULTING

難題への挑戦で成長を実感
「はたらいて、笑おう。」を
実現する職場に巡り会えた

増田 環

組織・人事コンサルティング シニアコンサルタント

難題への挑戦で成長を実感
「はたらいて、笑おう。」を
実現する職場に巡り会えた

CONSULTING

増田 環

組織・人事コンサルティング
シニアコンサルタント

任せてもらえる仕事は広範囲で高レベル
創意工夫できるから成長できる

所属する組織・人事コンサルティング部は、小人数の組織ゆえ、イチ戦力として活躍の機会を与えられることを期待して入社しましたが、想像以上に任せてもらえる範囲が広く、レベルの高い仕事に挑戦する機会に恵まれています。これまで大手コンサルファーム2社で働いてきましたが、この年次で、今のような仕事はなかなか経験できません。

現在は、大手企業様に向けた人事制度改革として、等級・報酬制度の見直しや、事業戦略の方向転換に基づく人財像の定義、キャリアパスの策定などに、プロジェクトメンバーとして関わっています。また、当社の評価制度・運用を見直すプロジェクトにおいて、マネジャー以上の評価要素の検討、運用ルールなどを設計しました。今は、実際に運用し始めて分かった残論点を、チームで対応、検討しています。いずれも難易度の高い案件なので、お客様に納得していただけるよう、どう課題設定しソリューションにつなげるか、日々奮闘しています。

それに対して上司は、型に沿った成果物を性急に求めるのではなく、私自身が創意工夫する猶予を与えてくれるので、生みの苦しみはありますが、成長実感はあります。お客様に真摯に向き合い続けた結果、最初は打ち合わせの場でマネジャーに意見を求めていたお客様が、「増田さんはどう思う?」と頼りにしてくださったり、メールやチャットで直接相談をされたりすると、信頼が得られたと感じ、喜びもひとしおです。

お客様は社員を大事にし、より一層会社を良くするために真剣に取り組まれている志の高い方ばかり。そんなお客様の役に立てるよう、さらなるレベルアップに向けて身の引き締まる思いです。

解決策の提示にとどまらず
そこで働く「人」の力を引き出したい

転職エージェントから「増田さんの価値観に合うと思う」とパーソル総合研究所を紹介していただいたときは驚きました。なぜなら、新人時代にオフィスビルで見たパーソルグループのビジョン、「はたらいて、笑おう。」が忘れられなかったからです。当時は多忙を極め、疲れ切っていた私にとって、「働く」と「笑う」はうまく結びつかず、そのことがとても印象深かったのです。

組織と人の成長が有機的に機能して社会に価値創造できるのは、まさに私の理想であり、「はたらいて、笑おう。」を掲げて人事コンサルタントとして働けるなんて願ってもない!と入社を決意しました。実際入社してからは、仕事の裁量を持たせてもらえるだけでなく、意見を発言しやすい風通しの良い環境で、心身ともに健康的に仕事ができています。

コンサルティング部として大切にしている基本行動のひとつ、「お互いの特性を認識し合い、強みの引き出し・弱みの配慮によって、チームワークを向上させて成果につなげる」という言葉通り、全員が職位に関係なく他者に尊敬の念を持ち、どんな意見も尊重してくれます。「言ってくれてありがとう」という言葉がごく当たり前に言い合える、こんなにも思いやりに溢れた人たちが集まっている組織がコンサル業界にあるのかと、いまだに新鮮です。

ワーキングマザーの上司がロールモデル
手本があるからキャリアパスも描ける

多くの女性が活躍しているのも、入社の決め手のひとつでした。コンサル業界がハードであることは身をもって経験してきたので、パーソル総合研究所のキャリア採用サイトに載っていたコンサルタントの過半数が女性だったことに驚きました。さらには、出産後も働き続ける人、マネジャーとして活躍する女性もいると知り、働きやすい職場だろうと思っていました。

実際、私の上司も2人の子どもを育てるワーキングマザー。有能なプロフェッショナルであることはもちろん、効率の良い働き方で、ご家族との時間も大事にされています。身近にロールモデルがいるため、将来のキャリアパスもイメージしやすく、いつか自分が子どもを持つことになっても働き続けられる、働き続けたい、と思っています。

同僚や先輩方も、限られた時間の中で高い成果を発揮している優秀な方が多く刺激になります。小さな組織なので、ひとりが複数のプロジェクトを同時に担当しますが、就労時間内で効率よく働くことはもちろん、隙間時間を活用してセミナーや講演会に参加したり、書籍から学んだり、他部署であるシンクタンク本部と連携して知見を得たりと、お客様のために寸暇を惜しんで奔走しています。

さらに、得た知識や情報を自分だけに留めず、皆で共有するのが常。「お客様のために、パーソルとして全員でインプットしよう」という意識が全員に通底してあるからです。どんなに大変でも、「お客様にとって何が最適なのか」を起点に、熱意を持って行動する仲間と働ける環境は私の理想であり、そんなパーソル総合研究所の一員であることが誇りです。

Tamaki Masuda コンサルティング会社にて、人事BPRやシステム導入、人事コンサルチームの立ち上げメンバーとして従事し、人事でデューデリジェンス(DD)や役員要件定義などのプロジェクトを経験。2020年12月より現職。人事DDで培った分析スキルと、人事BPRやガバナンス関係を含む幅広い知識を活かし、幅広いプロジェクトで活躍中。

公開日:2021年7月14日