LEARNING

世の中の動きや変化に鋭敏に反応し
新しい感覚で立ち向かう社風に
挑戦する気持ちを刺激される日々

岡 正樹

人材開発・社員研修 人財育成ソリューション部 マネジャー

世の中の動きや変化に鋭敏に反応し
新しい感覚で立ち向かう社風に
挑戦する気持ちを刺激される日々

LEARNING

岡 正樹

人材開発・社員研修
人財育成ソリューション部 マネジャー

新しいことに果敢に取り組む組織風土
意思決定の早さは大きな強み

パーソル総合研究所は、シンクタンク、組織・人事コンサルティングなど、さまざまな機能を持つ会社です。「より幅広い人材育成に携わりたい」。そう思ったときに、パーソル総合研究所ならば、自分の専門性に限らず、ほかの部署と連携することで新しい分野にも展開していける可能性があると思い、転職を決めました。

パーソル総合研究所に入社後、新鮮に映ったのは、世の中の動きや変化に鋭敏に反応し、常に新しい感覚で立ち向かっている社風です。パーソル総合研究所では、シンクタンク本部の調査・研究結果が頻繁にメディアに取り上げられ、社員にも共有されています。そのため労働市場や人・組織の分野において「今」世の中で起きていることをキャッチし、それらについて日常的に社員同士がディスカッションをしています。例えば、新型コロナウィルスの影響が出たときには、今後の働き方がどう変わっていくかの議論や、集合型研修からオンライン研修への切り替えの意思決定がいち早く行われました。

このような社風ですから、転職前と比べてお客様に提案する内容も変化がありました。中長期的に人材を育成する方法を提案すること以外にも、今日的な課題を踏まえてどう瞬時にアクションするのが最善なのかも提案できるようになりました。変化が激しい世の中にあってもその瞬間、瞬間に適したお話や、人事担当者からは見えにくい課題への提案が常にできています。

自分の強みを活かしながら
幅広い領域に挑戦できる

研修講師として研修を実施するほか、営業に同行してお客様の課題をヒアリングし、具体的な研修プログラムを設計・提供するのが主な仕事です。私は、ロジカルシンキング、業務改善、女性活躍推進、新入社員研修、コミュニケーションスキルアップなど、幅広い領域を提案できることを強みとしています。実は、転職前の会社では担当する領域が狭く、お客様の職種が限られているということに物足りなさを感じていました。

現在、ある電機メーカー様の新入社員研修の仕事に携わっています。通常、新入社員研修はコミュニケーション研修やマナー研修など、複数の細かい研修に分かれており、その中から部分的に依頼されることが多いのですが、全体のプランニングから実施まで、トータルで依頼をしていただきました。新入社員研修は、社会人としての入り口となる大事な研修です。それをすべてお任せいただけたのはとてもありがたく、期待に応えて必ず成果を出すという使命に燃えています。

研修は延べ4カ月に渡ります。受講者のかたとは、通常の研修よりも長くお付き合いすることになります。そのため、単純なスキル習得ではなく、そのスキルが実際の仕事にどう活かされ、その仕事がどう社会課題解決に繋がるのかなど、より深くお伝えすることができます。受講者の皆さんの成長を目の当たりにできることも醍醐味のひとつ。研修が始まったばかりのころは、学生の雰囲気が抜けず集合時間に間に合わない人がいたり、頬杖をついて聞いているような人もいたりするような状態でした。しかし、研修を重ねていくうちに意識や顔つき、発言が変わっていくことを実感します。このような場面に携われることに、大きな喜びを感じています。

心に余裕が生まれ
未来像が描けるように

転職前は残業が多く土日も会社に行くのが日常でした。2歳と7歳の娘がいるのですが、まったく一緒に遊んであげられない日々……。そんな生活がパーソル総合研究所に入社してからガラリと変わりました。

パーソル総合研究所はコアタイムのないフレックス制度やリモートワークに関する規程が整備され、仕事の状況に合わせた働き方を選ぶこともできます。私の場合は、研修の教材を作るときは自宅で集中して行うなど、より効率的に仕事ができる環境を選んでいます。基本的に土日祝日は十分に休めるので、プライベートの時間は娘たちと公園に行ったり、河原を自転車で走ったり、めいっぱい家族との時間を楽しんでいます。

転職によってプライベートの時間ができたことで、今後は副業も視野に入れています。現在は研修の講師や、研修プログラムの策定がメインの仕事ですが、以前はシステム開発の仕事にも携わっていました。これまでのさまざまな経験を組み合わせて、新しい領域への挑戦もしていきたいですね。そう思えるのは心に余裕を持って取り組める環境がある証拠だと実感しています。

Masaki Oka 大学、大学院で土木工学を学び、卒業後は、技術コンサルタント会社に入社。都市インフラの調査・計画・技術開発などに6年間、従事。その後、一般社団法人日本能率協会に入職し、公開型研修や大手企業、政府系金融機関等に対する研修やコンサルティング、中央省庁の調査・研究業務を手掛ける。2019年10月より現職。若手~中堅層に向けた階層別研修の豊富な経験を生かし、ロジカルシンキング、業務改善、女性活躍推進、新入社員研修など、幅広い領域で、職場の課題解決に対して人材・組織・業務の各視点からアプローチする。

公開日:2020年7月20日