CONSULTING

プロフェッショナルの集団だから
若手でも安心して挑戦でき
自律した働き方も可能です
脇山 加里那 組織・人事コンサルティング シニアコンサルタント
プロフェッショナルの集団だから
若手でも安心して挑戦でき
自律した働き方も可能です

CONSULTING

脇山 加里那
組織・人事コンサルティング
シニアコンサルタント

コンサルティングの基礎を教わりながら、
未経験からでも成長できる環境

私は前職で事業会社の人事を2年間経験した後、人事領域のプロとしてキャリアを築きたいと思い、2016年にコンサルタントとしての転職を決めました。パーソル総合研究所を選んでよかったと思うことのひとつに、経験豊富な先輩方に人事に関する知識や組織・人事コンサルティングの基礎をしっかりと教えていただきながら、成長できる環境であることがあります。

現在、主に人事制度設計に関する3つのプロジェクトを担当しています。1つは、人材会社の企業統合に伴い、新しい人事制度を設計するという大きなプロジェクトです。入社してすぐにマネジャーの補佐という立場でチームに加わりました。当時、私は前職の人事制度しか知らないという状況でしたが、人事制度をどう作っていくのかというステップを1から経験させてもらえました。プロジェクトは現在も進行中ですが、企業統合における新制度設計という一筋縄ではいかない難しい案件なので、ミーティングでのマネジャー陣の対応力を見て日々学んでいます。

やる気や自主性を尊重し、
成長できる場を与えてもらえる

そして2017年の夏からは、プロジェクトリーダーとして他のお客様の人事制度の設計を進めています。提案の当初、私はお客様との打ち合わせにマネジャーに同行していただけでした。しかし、これまでの経験や知見をふまえながら打ち合わせに参加しているうちに、今後の展開がとても楽しみになり、打ち合わせの帰り道にふと「このプロジェクトは面白そうです」とマネジャーに言いました。すると、マネジャーが「プロジェクトリーダーをやってみない? もちろんフォローはしっかりするから安心して」と、自分でプロジェクトを回すという責任ある立場にチャレンジさせてくれたのです。困ったときにはマネジャーが裏で支えてくれる安心感の中で、知識や経験をすぐにアウトプットに活かせる場を与えてもらえたことで、日々のインプットが確実にスキルとして身についている実感があります。

プロフェッショナル集団だからこそ
刺激的で、自律した働き方ができる

パーソル総合研究所を選んでよかったと思うもう1つの利点は、「自分らしい働き方」ができるということです。コンサルタントというと超長時間労働というイメージがありましたが、パーソル総合研究所では、成果を上げながらもダラダラと残業することはなく、メリハリのある働き方をしています。先輩社員には子育て中のパパやママもいますが、子育てをしながらでも最も自身のパフォーマンスが発揮できる働き方を、皆さん個々に確立されています。特に、働く場所によってかかる無駄な移動時間などは極力省いていますね。パーソルグループには、新宿以外に丸の内や大手町、豊洲などにも、グループ企業のオフィスがあり、自由に利用できるので、お客様先に出かけた時には近くのオフィスを利用しています。リモートワーク環境も充実しているので、出先の場所次第では直行直帰をして自宅などでメール確認を済ませたりもします。こうした働き方が許されるのも、皆さんが真のプロフェッショナルだからこそだと感じます。オフィスで働いた「時間」ではなく、コンサルタントとしての「成果」をしっかりと生むこと。それは、一人ひとりがコンサルタントのプロフェッショナルとして強く意識しているところだと思います。

一方で、「人が好き」な人たちが集まっているという印象はとても強いですね。お互いの仕事の状況をみんなが把握し合っていて、困る前に誰かがサポートしてくれるという体制が整っています。分からないことがあった時に、周りの席の人やコンサルティング事業本部全員のメーリングリストに質問を投げかければ、驚くようなスピードで必ず誰かからは回答が返ってくるような職場です。こうした互助体制も、各人の生産性の向上に影響していると思います。

私も、先輩方を見習って、生産性高く働くように意識しています。その結果、自分のために使う時間も確保できて、小学生のときから習っているフラメンコのお稽古にも、週に2日通い続けることができています。仕事にメリハリが生まれると、プライベートも充実しますね。

Karina Wakiyama 2014年大学卒業後、株式会社LIXILへ入社。人事部給与厚生チームにおいて、社会保険および福利厚生制度の運用を担当。同時に、人事基幹システム(SAP HR)の導入プロジェクトに参画し、社会保険および福利厚生制度の業務プロセスの改善・再構築からシステムの設計・運用までを実施。システム稼働時には実務担当者の教育担当も務めるなど、人事担当者として実績を積む。