CONSULTING

経験を活かして
入社直後に組織横断の
プロジェクトを牽引
石橋 誉 組織・人事コンサルティング シニアマネジャー
経験を活かして
入社直後に組織横断の
プロジェクトを牽引

CONSULTING

石橋 誉
組織・人事コンサルティング
シニアマネジャー

人事のあらゆるサービス領域で
構想から実行までを見届けられるやりがい

急速な高齢化に伴い、多くの企業で組織の高齢化にどう対応するかが課題になっています。この課題は、一過性のキャリア研修だけでは解決が難しく、人事制度、マネジメント教育、場合によっては再就職支援まで、人材業界のすべてのサービスを総動員することが必要になります。

私は、前職からこうした従業員の高齢化問題に伴う、中高年層(ミドルシニア)の活躍支援に取り組んできました。こうした中で、これまでの経験を活かしつつ、もっと総合的に、構想から実行に至るまでの全工程を見届けられるような働き方がしたいという思いを持つようになっていました。

そんなとき、パーソル総合研究所のホームページを見る機会があり、シンクタンク本部がミドルシニアの躍進をテーマに研究していることを知りました。また、シンクタンク部門とコンサルティング部門が同組織に共存している。さらに、パーソルグループ全体に視点を移せば、総合人材サービス会社として、採用などインフローから、制度構築、教育、異動配置などのインターフロー、そして転職や退職といったアウトフローまで、組織における人材の流れを網羅するサービス展開をしている。ここでなら、単なる人事制度や研修提供といった限られた範囲のコンサルティングサービスに甘んじるのではなく、これまでの知見を活かしてよりダイナミックな仕事ができるのではないかと考えたのが転職のきっかけです。

入社後すぐにパフォーマンスを発揮できる
人間関係と仕事の機会に恵まれた環境

実際に入社すると、ミドルシニアの躍進に関する研究プロジェクトがリサーチフェーズを終え、サービス開発フェーズに進むことが決まっており、プロジェクトを率いてくれないかというお話をいただきました。入社前から関われたらいいとは思っていましたが、入社早々、責任ある立場でプロジェクトに携わり、対外的にも情報発信させていただく立場になれたことは想像以上でした。また、このプロジェクト以外でも、パーソルグループのチャネルを踏まえ、人事制度、人材・キャリア開発、マネジメント改革など多様な支援を要望されているお客様にも恵まれており、コンサルティングプロジェクトのバリエーションの面でもやりがいを感じています。

中途入社の場合、スキルを持っていても、社内人脈や組織内の人間関係を再構築するのに時間がかかり、当初は思うようにパフォーマンスを発揮できないケースもあり得ます。私もパーソル総合研究所へ入社した際、職場の雰囲気に慣れるには時間がかかるだろうと覚悟していましたが、コンサルティング事業本部の組織は相手を受け入れてつながろうとする親和力が非常に高く、入社前の心配は全くの杞憂に過ぎませんでした。サービス展開において連動する可能性の高い他部署やグループ会社の方々とも、入社1カ月以内で協同する場面が多々あり、ダイナミックなソリューションを作り上げていく上でのネットワーク構築においてはあまり時間を要しませんでした。

笑いの絶えない環境が
仕事へも良い循環を生んでいる

コンサルタントの仕事は、相手の困りごとを解決してハッピーになることを通じて自分がハッピーになる、その循環が醍醐味だと思います。特にその対象が組織・人であるため、人に関心があることがとても重要になります。

ここではそうした価値観を大事に考えている人が集まっているせいか、社内も誰かがうまくいってないときには、自然に手を差し伸べるような環境にあります。また、プロジェクトにおいても上下関係なく、お互いの隙間を埋め合うような関係性があります。テニスで言えば、呼吸のあったダブルスで相手と戦っているような感覚でしょうか。

同僚とは仕事中もよく笑い合っています。一瞬、無駄に感じるようなコミュニケーションも含めて、お互いの人となりや性格、価値観、パーソナリティを知っているほうが仕事の効率が良くなることを、互いに知っているから成立するコミュニケーションだと思います。

コンサルティングワークは、非常にタフな仕事でもあり、ワークですり減ったものをライフで補うというバランスの概念で仕事をする局面も多々ありました。ですが、ここではワークで不要にすり減ってしまうということが劇的に減ったように思います。こうした中で、ワークライフ=「バランス」ではなく、どちらも相互にプラスになるワークライフ=「インテグレーション」で取り組めているという感覚を持っています。パーソル総合研究所は、私にとってそんな働き方ができる職場です。

Homare Ishibashi 国際会計事務所系コンサルティングファーム(PwC、デロイト)、シンクタンク系コンサルティングファーム(NTTデータ経営研究所)、リクルートグループを経て現在に至る。25年のキャリアにおいて、IT・業務改革コンサルティング、事業戦略コンサルティング、組織・人事コンサルティングの異分野のコンサルティングプロジェクト経験を持つ。2010年よりリクルートグループの人事サービス会社でミドルシニア領域の新規事業立ち上げメンバーとして参画。企業の組織高年齢化、雇用延長に伴う人事課題解決に向けたプロジェクトを担当。2017年4月より株式会社パーソル総合研究所に参画。米国CCE,Inc.認定GCDF‐Japanキャリアカウンセラー。