ホーム > 調査・提言 > P&G人事で学んだこと ~マーケティング思考で会社と社員をWin-Winに~【戦略人事・木下達夫ができるまで 第1回】

調査・提言

一覧へ

- インタビュー

2014.12.10

P&G人事で学んだこと ~マーケティング思考で会社と社員をWin-Winに~【戦略人事・木下達夫ができるまで 第1回】

P&G人事で学んだこと
~マーケティング思考で会社と社員をWin-Winに~

世界有数のリーダー人材輩出企業としても名高い米ゼネラル・エレクトリック(GE)社。今回は、その日本法人である日本GEで人事部長を務める木下達夫氏に、自身のこれまでの歩みについてお話を伺いました。取材中も終始エネルギーと情熱に満ち溢れていた木下氏。革新的な発想で数多くの実績を積み上げる一方、とことん落ち込み、マインドセットを変えざるを得ない経験もあったそうです。初回となる今回は、まずP&G社に入社したばかりの初々しい日々から振り返っていきたいと思います。

kinoshita_01

P&G入社、最初の仕事は理系学生の採用だったが…

-日本GEでのお話を伺う前に、新卒で入社されたP&Gでのお話を伺わせてください。そもそも、なぜP&Gを選ばれたのですか。

木下氏:私は、大学でマーケティングを専攻していました。当時同じゼミの先輩・同輩たちがP&Gにインターンに行ったり、採用に応募したりしていました。その人たちがこぞってP&Gを高く評価しているのを聞いて採用を受けたのです。そこでなぜ人事かというと、P&Gは部署別採用なのですが、「P&Gでは人事が個人と組織のWinWinな関係を作るためにマーケティングの考え方を活用している」と聞いて、「なるほど、面白い!」と思ったからです。

-そうして人事として入社されたのですね。入社後は、まずどのようなお仕事をされたのですか。

木下氏:理系学生の採用担当でした。これには正直、落ち込みました…。自分は文系出身ですので理系の採用事情に疎かったこともあり、理系学生の就職は学校推薦で決まってしまってチャレンジングでもエキサイティングでもないのでは…と勝手に思い込んでいたからです。

当時のP&Gの理系学生の応募数は、文系学生に比べて5分の1程。特に機電系学生の採用は長年苦労していました。 P&Gが日本市場で大成功を収めたのは、生理用品や紙オムツなどの紙製品のビジネスです。複雑な立体製品を一枚の平面の紙から成型するプロセスを生産ライン上で実現できる設備構築が鍵を握っており、当時は日米独の3拠点が開発をリードしていました。そこで不可欠なのが、電気工学や機械工学の専門知識を持った人材です。しかし機電系の学生にとって「消費財メーカー」であるP&Gで働くイメージを持つのは難しい状況でした。

そこで機電系の学生にP&Gで働く魅力を知ってもらおうと、採用セミナーを企画したのですが、開催日時が近づいているのに学生は集まらない。焦ってセミナー前日まで採用DMに同封している返信ハガキを送ってくれた学生に片っ端から電話をして参加を呼び掛けるというベタな仕事に日々追われている自転車操業状態になっていました。これではいけない、多くの機電系の学生が自発的に参加したくなる仕掛けが必要であると深く反省をさせられました。 そこで役立ったのが、“マーケティング手法”です。

>>次ページ マーケティング手法を活用した理系採用での2つの工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加