キャリアブランディング研修

~"提供価値"でキャリアを理解することで「健全なキャリア自律」を支援する

仕事を"提供価値"で捉えなおし、「顧客との長期的な約束」=ブランドという視点で自らのキャリアを再構築していくことで、「自分ならではの売り」と「他者からの評価」を統合していくことが、キャリア構築の肝であることを掴みます。「自分ならではの売り」を活かした最適な活躍の場を探り、変化にポジティブに対応できるキャリア・マネジメント力を醸成していきます。

受講対象者

  • 入社5年から15年程度(20代後半から30代後半まで)の若手~中堅社員層

  • キャリアチェンジが必要な40代社員

  • 30歳前後の女性社員

※研修コンセプトを活かしながら、様々な対象層へのカスタマイズが可能です。

適合する課題

  • 自社におけるキャリア形成に対する不安が高まり、モチベーションが下がっている

  • 忠誠心はあるがモチベーションが上がらない「ぶら下がり社員」に対する意識づけを行いたい

  • キャリア開発への興味はあるが焦りや思い込みに陥っている社員に、適切な気づきを与えたい

  • 優秀な社員に対し、自社で働く「やりがい」を再認識させリテンションにつなげたい

  • 役割期待の認識が不充分で自分の提供価値や存在価値に対する意識が低い社員に、気づきを与えたい

従来型のキャリア開発研修においては、「組織が求める役割期待」と「個人の想い」の結びつけが十分に機能しないと、かえってモチベーションの低下や離職を誘発するなどのリスクがありました。本研修では、「ブランド」というレンズを通して、地に足の着いた長期的なキャリア形成への理解促進と動機づけを行ないます。

研修の目的

  • これまでを振り返り、自分の立ち位置(ポジション)と強み・課題について適切な認識を持つ

  • 自社で輝くプロ人材の姿を理解して、自分の存在価値、(提供価値)を再定義する

  • 自社における今後の自分のポジショニングと、キャリアビジョンを描く

講師プロフィール

増田 崇行

株式会社クエストコンサルティング 代表取締役

増田 崇行

Takayuki Masuda

大手物流会社に勤務後、産業能率大学にて社会人向け教育・コンサルティング事業の商品開発、セールスプロモーション、事業開発に12年間従事する。

朝日監査法人/アンダーセンを経て、2002年からライトマネジメントコンサルタンツジャパンにてキャリアマネジメント、パフォーマンスマネジメント、人材アセスメントなどのサービスライン開発とコンサルティングを手がけるとともに、03年9月より組織コンサルティング部長として部門の立ち上げに従事。

これまで、ユニークな考え方や方法論を新たなサービス、ビジネスに開花させるプロデューサーとして、組織の枠を越えた数多くのコラボレーションを実現している。

2006年5月に株式会社クエストコンサルティングを設立。 ヒューマン・キャピタル・マネジメント(HCM)領域のプロデューサーとして、独自のサービス開発とコンサルティング活動に積極的に取り組む。

人材開発・教育支援

PAGE TOP