ホーム > 調査・提言 > GEの人事部長に聞く タレントを見える化する方法

調査・提言

一覧へ

- レポート

2014.06.23

GEの人事部長に聞く タレントを見える化する方法

【HRサミット2014 登壇報告 vol.3】
ビジネスリーダーを輩出し続けるタレントの見える化と活用
~ビジネスパートナーからタレントマスターへ~

vo.1vol.2に続き、HRプロ主催HRサミット2014にて、当研究所主席研究員の須東がモデレータを務めたシリーズ講演「経営に資する人事キャリアのつくり方」の様子をご報告します。
今回お伝えするのは、日本GE株式会社 人事部長の木下達夫氏による講演「ビジネスリーダーを輩出し続けるタレントの見える化と活用~ビジネスパートナーからタレントマスターへ~」です。

HRsummit_GE

野球は選手で勝つ、ビジネスは人で成長する

現在、世界171カ国で展開している米GE(ゼネラル・エレクトリック)社。近年では、中近東やアフリカでのビジネスを急拡大させており、それに伴い、当該国拠点への人材の配置も急ピッチで進めています。また、人材輩出企業としても名高い同社ですが、その人材の育成・活用の思想を表すエピソードとして、木下氏は前CEOのジャック・ウェルチの言葉を紹介しました。

「彼が人事の大事さを語るとき、よく好きな野球に例えてこう言っていました。“野球で勝ちたければ、選手の補強が何より大事だ”と。(ビジネスで勝つためには)、今の組織の姿と本来あるべき姿との間にギャップがあれば、人をどう補強していくかを考えなければならない。それがGEの戦略人事の重要なミッションなのです」。

業績×バリューで行う人事評価

日本GE株式会社 人事部長  木下達夫氏

日本GE株式会社 人事部長
木下達夫氏

優れた人材を適材適所に登用するには、まず、どの部署のどの人材がどのような能力を持っているのかを十分に把握する必要があります。
そこで木下氏は、タレントの見える化をする上で重要な機能を果たしている人事の仕組み「セッションC」を紹介しました。

「セッションC」とは、個人の評価はもちろん、該当組織が必要としている人材はどんな人材か、またそれは今在籍する人材とギャップがあるのか、あればどう埋めていくのかを明らかにする仕組みです。さらに、次にリーダーとなりそうな人は誰なのかを見出し、会社全体としてどう育てていくかのプランニングもします。

「セッションC」で活用されているのが、業績とバリューの2軸のレベルをそれぞれ3段階ずつに分けた9マスの中に社員名をプロットしていく「9(ナイン)ブロック」です。同社では、業績だけでは人事評価をしません。「目標と権限には必ずギャップがある。それを乗り越える影響力、我々はインフルエンス・リーダーシップと呼んでいますが、それがある人はバリューが高い人だと評価します。このバリュー評価をとても重視しています」(木下氏)。バリューは、「GEバリュー」として同社のホームページでも紹介されています(※)。内容は、時代や環境によって変化する戦略に合わせて見直しをかけ、リーダーシップの再定義を行っているといいます。
※GE Growth Values:http://www.ge.com/jp/company/leadership/growthvalues/index.html

>>次ページは スコアリングはしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加