ホーム > 調査・提言 > 考えよう。女性のキャリアマネジメント

調査・提言

一覧へ

- 対談

2015.06.24

考えよう。女性のキャリアマネジメント

これからの日本経済や企業経営を考えれば、女性の労働力がますます重要性を増していくことに疑いの余地はない。しかし、その重要性と比して、この国ではまだ女性のキャリアマネジメントという問題について十分に議論が進んでいない。そこで、本テーマの当事者でもあるお二人のHRパーソンとともに、女性のキャリアマネジメントについて議論を深めていきたいと思う。

女性のキャリアマネジメント_1

重要なのは「自分の人生における働くことの意味や目的」に基づいて
人生において何を捨て、何を残すのかを整理すること

須東: まずお伺いしたいのが、女性として働き続けるための生活基盤をどう整えていらっしゃるのかです。働き続けたいという気持ちはある反面、結婚、出産、育児、家事、介護など様々なライフイベントとの両立を不安に悩む女性が多くいらっしゃいます。

島田氏: まず、「自分の人生における働くことの意味や目的」について深く考えることが大切だと思います。女性のキャリアは不確実なライフイベントの転機と共にあり、職業生活だけを切り出して語ることができない時があります。例えば出産です。私自身も出産を経験しているのでよくわかるのですが、出産前と出産後では生活環境がガラッと変わります。あまりの変化に対応できず、ワークライフバランスを崩す女性も多くいます。

もちろん様々な外部要因もあることを承知の上であえて厳しい言い方をすれば、その戸惑いは仕事に対して自分なりの軸を持てていないことの表れとも言えるケースも多くあります。それは、仕事中心の人生設計ができてないということではなく、自分の人生において仕事の意味や目的を十分に考えられていないということです。自分なりの考えが固まっていると仕事に対しても覚悟と責任感が生まれます。また、何より人生において自分が何を大切にし、何を捨てるのかという判断がつくようになります。それは、「仕事か育児か」という二者択一のような単純な選択ではなく、「自分はどうしていきたいのか、そのために何をすべきなのか、何を手放すべきか」という取捨選択です。

酒井氏: 非常によく分かります。私のキャリアに大きな転機をもたらしたのは介護でした。どうしても働き方に時間的な制約が生まれる中で、仕事との両立に悩むこともありました。ただ、深く考え込んだからといって事態がよくなるものではありません。ある時から、家庭のことも仕事のようにプロジェクトとして考えるようにしました。どこからどこまでを自分が行い、何を外部サービスにアウトソースするのかを切り分けることから始めました。そうすると自然とうまくまわるようになりました。いま思えば、島田さんのおっしゃる、人生において自分が何を大切にし、何を捨てるのかという判断に基づいて、プロジェクトマネジメントしていたのかもしません。

>>次ページは エンプロイアビリティを高める秘訣は・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加