ホーム > 調査・提言 > 時給と雰囲気、どちらを重視?タイプ別の特徴から探る募集のヒント

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2016.06.30

時給と雰囲気、どちらを重視?
タイプ別の特徴から探る募集のヒント

hitodata_iconvol.007
AP_banner

アルバイト・パート人材の採用・定着を図るにあたり、まず押さえておきたいのは、アルバイト・パートが何を求めて仕事や職場を探しているのかということだ。

この点について、本プロジェクトで求職者10,000人向けに行った調査では、仕事探しの重視点の上位は、1位が「自分の生活時間に合わせて働けること(61.1%)」、2位「働いている人たちの雰囲気がよいこと(55.0%)」、3位「安全に働けること(52.2%)」、4位「時給が高いこと(45.9%)」、5位「安定して長く働き続けることができること(44.0%)」となっている。

アルバイト・パートが仕事を探すときに重視している点
重視点ランキング450

これら重視点の中で、本プロジェクトでヒアリングをした企業や店舗の採用担当者の多くが、求人を出す際に、特にアピールすべきポイントとして意識していたのが、時給の高さと雰囲気の良さである。

そこで本稿では、本プロジェクトで実施した2つの調査(一般求職者調査、離職者調査)において、アルバイト・パートの職場選びについて「職場の雰囲気」、「時給の高さ」を重視する人をそれぞれ『雰囲気派』、『時給派』とし(※1)、それぞれの属性や希望条件、就業継続理由、離職理由などの特徴を見た。

※1. 時給派と雰囲気派の定義について
【時給派】
・「一般求職者調査」で、「あなたが仕事を探す上で重要視することは何ですか」という複数回答の設問に対し、「時給が高かった」を選択し、「職場の雰囲気がよさそうだった」を選択しなかった人。
・「離職者調査」で、「(勤務経験があり、今は辞めたアルバイト先に)応募した理由について、当てはまるものをいくつでもお選びください」という複数回答の設問に対し、「時給が高かった」を選択し、「職場の雰囲気がよさそうだった」を選択しなかった人。
【雰囲気派】
・「一般求職者調査」で、「あなたが仕事を探す上で重要視することは何ですか」という複数回答の設問に対し、「職場の雰囲気がよさそうだった」を選択し、「時給が高かった」を選択しなかった人。
・「離職者調査」で、「(勤務経験があり、今は辞めたアルバイト先に)応募した理由について、当てはまるものをいくつでもお選びください」という複数回答の設問に対し、「職場の雰囲気がよさそうだった」を選択し、「時給が高かった」を選択しなかった人。

時給派は男性と学生、雰囲気派は主婦に多い

まず、時給派と雰囲気派にはどのような人が多いのかを見てみる。男性にはやや「時給派」が多く、女性には「雰囲気派」が多い。

性別で見た時給派と雰囲気派の割合
男女比600

属性で見ると、時給派には学生やフリーターが多く、雰囲気派には主婦が多い。また、希望する最低時給額(応募時・全国平均)は、時給派は1074.4円であるのに対し、雰囲気派は961.5円と、時給派のほうが約113円高い結果となった。

時給派と雰囲気派の属性分布
属性別600

>>次ページは 時給派は「頑張った分だけの見返り」
雰囲気派は「人との関わり合いを通じた充実感」を重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加