ホーム > 調査・提言 > 女性たちが管理職になりたくない理由

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2015.04.21

女性たちが管理職になりたくない理由

hitodata_iconvol.001

女性活躍推進の度合いを測る指標の1つが、女性の管理職比率。政府は、「2020年に指導的地位に占める女性の割合を30%にする」という目標を掲げているが、現状とのかい離は大きい。また企業が女性の管理職比率を上げようとしても、管理職への意向のある女性がそもそも少ないという声も多い。そこで今回、管理職になりたいと思っている女性はどのぐらいいるのか、また「なりたい」理由、「なりたくない」理由は何なのかについて調査した。

管理職になりたくない女性が75.6%
なりたくない理由は「自分には向いていないと思うから」

今回の調査では、管理職に「なりたくない」女性が75.6%と、圧倒的に多い結果となった。

管理職意向グラフ

その理由は、「自分には向いていないと思うから」が59.1%と、突出して多く、「長時間労働になりそうだから」(36.0%)、「責任が重くなるのがいやだから」(34.1%)と続いた。女性の管理職を増やそうとする場合、まずは自信を持ってもらうこと、そして必要以上に難易度の高さを感じさせないよう、期待する役割や管理職としての仕事の実態をきちんと伝えることが重要になりそうだ。

なりたくない理由

一方で、「なりたい」理由としては、「年収を上げたいから」が65.1%に上り、続いて「自分の影響範囲を広げたいから」(33.3%)、「より影響力の大きな仕事がしたいから」(31.0%)など、誰かに勧められたから、単に管理職に憧れているから、ということではなく、管理職の仕事そのものに向き合おうとする積極的な姿勢がうかがえる。

なりたい理由

国や企業が女性管理職を増やそうとする中、女性のほとんどが「管理職になりたくない」と考えていることが分かった。「なりたくない」理由は、「自分には向いていないと思うから」。ここには女性たちが、「女性管理職=“スーパーウーマン”」というイメージを持っていることが表れているのではないだろうか。女性管理職の数自体がまだ少ない中、管理職の女性たちが、どう仕事に向き合い、どんなことに悩み、失敗し、成長しているのか、直接話をするなど、具体的にイメージする機会がないのかもしれない。ひと言で女性管理職と言っても、考え方も働く環境も人それぞれ。より多くの「ロールモデル」を知ることが、女性たちの管理職意向のアップに繋がるかもしれない。

■調査概要
・調査名:女性の管理職意向調査
・調査主体:インテリジェンスHITO総合研究所
・調査対象者:全国の25~44歳の女性 1,058人
・調査期間:2015年1月24~25日
・調査方法:インターネット調査

※引用・転載にあたっては、事前にご連絡をいただく必要はありませんが、必ず以下の【出典記載例】に則って、
出典をご明記ください。
【出典記載例】
インテリジェンスHITO総合研究所 別冊HITO「真の女性活躍推進に向けて」『女性の管理職意向調査』(2015)http://rc.persol-group.co.jp/research/data/hitodata_001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加