ホーム > 調査・提言 > 女性管理職のエピソードから導き出す「変えていく力」への近道

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.05.01

女性管理職のエピソードから導き出す「変えていく力」への近道

2020年に指導的立場の女性の割合を30%にするという政府目標の下、多くの企業が女性登用や女性活躍施策に注力している。しかし、実際に管理職を務めてみると、様々な困難や思いがけない壁に遭遇することも多い。だからこそ、それらを乗り越え、活躍する女性管理職には、それぞれ個々に信念や心がけていること、また周囲の支援や影響などもあるのではないだろうか。

そこで、HITO総研では、IT、メーカー、金融、エネルギー、サービス業など、それぞれ異なる業界で管理職として活躍する13人の女性にインタビューを実施。管理職として気をつけていることや苦労した経験などについてうかがった。

風船その取材のなかで浮かび上がってきたキーワードは、「変えていく力」。変化の激しい経営環境に合わせて、企業も人もしなやかに変化していかなければならない今、自分と周りの「何か」を変えていくこともまた、管理職として活躍し続けるためには非常に重要な力と言えよう。

本稿では、そんな彼女たちの「変えていく力」と、「変えていく力」を最大限発揮するためのヒントを探るべく、インタビューの結果を(1)ビジネスやサービスを変えるために行ったこと(対顧客)、(2)組織・職場を変えるため、また(3)部下を変えるために行った工夫(組織・職場運営/人材マネジメント)、そして(4)自分自身の価値観が変わった瞬間という、4つの視点でまとめた。

また最後に、管理職として活躍中の彼女たちが考える、女性管理職を増やしていくために企業が行うべきことについてもメッセージをいただき、まとめているので、ぜひご参照いただきたい。

>>次ページは 高い課題設定力で顧客への提供価値を変えていく

本企画において取材した女性管理職の個別インタビュー記事は、
DODAの女性のための専門サイト「Woman Career」にて連載しています。
240_70http://doda.jp/woman/guide/hito/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加