ブレンディッドラーニングの進化:AI時代の経験学習コース

AIの進化は止まりません。そのような中で、人材育成の考え方も大きく変えていかなければならない状況になっています。人間には、知識を豊富に個別に蓄えていくだけではなく、自己の強みを認識し、AIや他者と共創できることが求められてきています。これは、インテリジェントからスマートへの視点の転換ともいえるでしょう。
AI時代において、人間にとってますます重要となるのは、人と人との「かかわり」です。人材育成の役割は、何かを教えるのではなく、人と人とが学び合えるチームをつくったり、自己やチームの経験を振り返り自らを変化させていけるよう後押ししていくことに重点が移ってきます。

弊社ではパートナー企業と連携し、お客様企業に2006年よりアクションラーニング(質問会議)、2018年よりブレンディッドラーニング・デザイナー講座、2024年よりAIコーチの仕組みを提供しています。ブレンディッドラーニングの進化した形として、今回はプロジェクトラーニングにおけるAIコーチとアクションラーニングの活用事例を紹介します。本セミナーでは、アクションラーニングの国内第一人者である清宮普美代氏をゲストに迎え、具体的な事例をもとに、次世代の学びの進化について探求していきます。

開催概要

日数

1日 60分

開催日

2024/07/08(月)

開催時間

2024/07/08(月)16:00~17:00

受講料

無料

会場

WEBセミナー(zoom)

定員

300名

対象者

人材開発企画リーダー・担当者

学習形態

オンライン会議システム Zoom を利用します。

学習内容

■内容
・AIの進化
・インテリジェントからスマートへ
・プロジェクトラーニングにおけるAIコーチとアクションラーニングの活用
・人材育成の視点の変化
・ご案内

備考

オンライン開催の注意事項・お申込み後のメールが受信できない方はこちら

講師情報

NPO法人日本アクションラーニング協会
株式会社ラーニングデザインセンター 代表取締役

清宮 普美代

Fumiyo Seimiya

【プロフィール】
東京女子大学文理学部心理学科卒業後、株式会社毎日コミュニケーションズ(現:マイナビ)入社。新規事業企画や人事業務調査など数々のプロジェクトに責任者として携わる。その後、渡米。ジョージワシントン大学大学院にて、人材開発学 修士号取得。大学院にてリーダーと自律型チームを育成する開発手法「アクションラーニング」と出会い、研究を進める。帰国後、外資系金融機関にて人事責任者、社長室長を経て、2003年株式会社ラーニングデザインセンターを設立。2006年には国内唯一のアクションラーニング(AL) コーチ認定機関、NPO法人日本アクションラーニング協会を設立し、代表に就任。大手企業にて50社を超える導入実績がある。現在は、ALコーチの育成や企業導入に対するコンサルティング、講師、講演など多数で活躍。2010年全世界で9人しかいない、日本人初の世界アクションラーニング機構(WIAL) 認定マスターアクションラーニングコーチに就任。
翻訳著書に『実践アクションラーニング入門』(2004年 ダイヤモンド社 マイケルJ・マーコード著)。著書に『質問会議』(2008年 PHP出版)、『チーム脳のつくり方』(2009年 WAVE出版)、『対話流』(2009年 三省堂)、『20代で身につけたい質問力』(2011年 中経出版)。

東京経済大学 経済学部 特命講師

渡邊 壽美子

Sumiko Watanabe

大学卒業後、研修企画・人事コンサルティングの業務に携わり、マネジメント、リーダーシッププログラムなど100コース以上のコースを開発。2018年にブレンディッドラーニングデザイナー養成事業を立ち上げ、テクノロジーを活用した効果的な学びを探求している。

株式会社パーソル総合研究所 業務委託コンサルタント
デジタルハリウッド大学大学院 在学中
お茶の水女子大学文教育学部 教育学科卒業
筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻 (MBA)
共著『パフォーマンスを生みだすグローバルリーダーの条件』(2005年:白桃書房)
共著『コンピテンシーとチーム・マネジメントの心理学』(2009年:朝倉書店)
NPO法人ODネットワークジャパン理事 講座委員長

申し込み

日程

受付中

2024/07/08(月)

申し込む

オンライン個別相談(30分)

人事・人材開発プロフェッショナル養成における課題解決をサポートします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

人事・人材開発プロフェッショナル養成に関する資料や費用など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP