ホーム > セミナー・フォーラム > セミナーのご案内 > VUCA時代だから求められる、古くて新しいマネジメントとは?「配る」マネジメントが、組織に活力を与える

セミナー・フォーラム

セミナーのご案内

黒_配るマネジメントセミナー

かつて日本企業の強さの根源はミドルマネジャーの強さといわれた時代から、企業を取り巻く環境は大きく変化しました。結果的に組織の中核にあるミドルマネジャーに過大な期待とプレッシャーを与えてしまい、ミドルマネジャーの弱体化が問われています。変化が激しく不確実、複雑で不透明な時代において、現場でどのようなマネジメントをすれば組織に活力を与えられるのか。
本セミナーでは、その解となる“古くて新しいマネジメントのあり方”をご紹介します。

btn_forum

※同業者のご参加はお断りする場合があります。

PDFダウンロードボタン

- 名称
VUCA時代だから求められる、古くて新しいマネジメントとは?
「配る」マネジメントが、組織に活力を与える

2015.08.04


- 開催概要

日時 2015年9月8日(火)13:00~15:30  ※12:45受付開始
会場 丸の内ビルディング 27階 セミナールームA
〒100-6324 東京都千代田区丸の内2-4-1
※地図はこちら
費用 無料
定員 50名  ※恐れ入りますが1社2名様までとさせていただきます。
プログラム

1. 法政大学経営大学院 高木晴夫教授による基調講演
「プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ」の著者
高木晴夫教授による、最新のマネジメント理論

どのような環境、仕事の状況であっても、人が人をマネジメントする上では根底に共通するものがある。それを「配る」マネジメントと定義した、リーダーシップや組織行動における第一人者、高木晴夫教授より、企業の実証研究を中心とした最新のマネジメント論を講演いただきます。

 

2. 「配る」マネジメント研修のセッションを一部体感
インテリジェンスHITO総研が
高木晴夫教授監修のもとに開発した
最新のマネジメント研修を
主要なセッションを体感していただきながらご紹介

<研修内容>
1. 人を動かすコミュニケーション
2. 組織の中のマネジメント
3. 個人とチームの動機づけ
4. 危機対応と変化への適応
5. 経営専門能力とキャリアの向上

<想定する課題>
・ プレイングマネジャーが多く、組織マネジメントが充分に機能していない
・ 経営と現場との狭間で揺れ動き、自信をもちきれないマネジャーを多く抱える
・ 多様な個性や、様々な勤務形態で働く部下をもつマネジャーを多く抱えている
・ これまで、充分な管理職教育を実施していない

 

【講師紹介】

takagi (1)

高木 晴夫 氏
法政大学大学院
イノベーション・マネジメント研究科 教授

1978年慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程修了。1984年ハーバード大学ビジネススクール博士課程卒業、同大学より経営学博士号を取得。慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授を経て、1994年より現職。専門は、組織行動学、組織とリーダーシップ。 著書に『慶應ビジネススクール高木晴夫教授のMBA授業Live〈リーダーシップ論〉』(中経出版)、『プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ』(かんき出版)など多数。

[ 本セミナー・フォーラムの受付は終了致しました ]
本セミナー・フォーラムの申し込み受付は終了致しました。
お申し込み頂き誠に有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。