ホーム > 調査・提言 > データで語る雇用『企業が求める人材』

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2014.10.21

データで語る雇用『企業が求める人材』

日本を取り巻く雇用環境や日本の課題を、データとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「企業が求める人材」。知識社会化する中、専門性を踏まえ自律的に課題を設定・解決できる人材の価値が高まっている。では、そういった人材へのニーズは実際にはどの程度増えているのだろうか。また、日本は各国と比較してどういった状況にあるのだろうか。統計データから実態を探った。

自律性・創造性のある人材へのニーズが増加

日本企業は今どういった人材を必要としているのだろうか。独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)は、育成・確保に際して企業が重視する人材を「これまで重視してきた人材」と「今後重視する人材」に分けて調査している。下図は、タテ軸に今後重視する人材を、ヨコ軸には重視度の増加幅(「今後重視する」割合-「これまで重視してきた」割合)をプロットした図である。

data-pro_1

企業が今後最も重視するのは「自ら考え行動できる人材」(78.0%)。その重視度も19.8ポイント上昇しており、企業が今まで以上に必要とする意向が伺える。また、重視度の増加幅が高い人材を見ると、「事業戦略・事業展開を考えられる人材」や「自社にない新しい発想を持った人材」で35ポイント以上増加している。一方、重視度が低下しているのは「指示を正確に理解し行動できる人材」、「社風になじめる人材」、「チームワークを尊重できる人材」、「担当職務の基礎知識・技能を身につけた人材」である。自ら考え組織を導く人材やイノベーションを起こせる人材の価値が高まる一方で、既存組織内で立ち回るだけの人材や指示待ち型人材の価値が低下している傾向が見て取れる。

求人が最も多い職業は専門的・技術的職業

マクロ観点から、日本の労働市場で求人が増えている職業を確認したい。職業安定業務統計から新規求人数の職業別内訳を確認すると、「専門的・技術的職業」が趨勢的に増加傾向にあることが分かる。2003年では全体の18.7%に過ぎなかった「専門的・技術的職業」は2011年には27.6%に達している。「専門的・技術的職業」とは研究者やエンジニア、 SE、医療系従事者、法務系従事者、経営・会計・金融系従事者、デザイナーなどを指し、いわゆる知識労働者に対するニーズの増加傾向が伺える。

data-pro_2

>>次ページは 専門的職業従事者の割合 日本は北欧の半分以下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加