ホーム > 調査・提言 > 人と組織はこんなに変わり得る ~人事の新たなやりがいに気づいた栃木工場での出来事【戦略人事・木下達夫ができるまで 第3回】

調査・提言

一覧へ

- インタビュー

2015.02.23

人と組織はこんなに変わり得る ~人事の新たなやりがいに気づいた栃木工場での出来事【戦略人事・木下達夫ができるまで 第3回】

人事部から一転、営業部で営業ブラックベルトを経験した木下氏は、栃木工場へ異動になります。営業視点をもって工場で働く人々に働きかけ、マインドややり方が変われば、顧客志向で競争力のある強いビジネスが作れるのではないか。そんな思いを胸に栃木工場に赴任したものの、そう簡単には自分の価値を発揮できず思い悩む日々が続きます。しかし、この工場での経験は後に、「人事をやっていてよかった」と思わせる、とても意義深いものになるのです。

栃木工場へ異動、自分の価値を発揮できない日々

-営業部から栃木工場へ異動ということですが、仕事内容は再び人事に戻ったのですか。

木下氏:そうです、製造部門の人事担当に着任しました。栃木工場は事務機器や液晶テレビの外装、自動車に使用される樹脂の開発・製造を担う拠点で、30年という歴史のある工場です。私が異動する前の5年間でアジア各国への生産移管が一気に進み、栃木工場の生産量がピーク期の半分に。度重なる人員削減が続いたことで組織全体が疲弊していました。
従業員は新卒入社の生え抜きのメンバーがほとんどで、お互いをよく知っていて、公私ともに長いつきあいが多い。その中で当時工場内でよく聞かれた言葉は「この工場の未来はないかもしれない」「予算も人員も極限まで減り、もうこれ以上どこを絞るのか」「尽力しても何も変わらない」 という、あきらめ、閉塞感でした。

日本GE株式会社 人事部長 木下 達夫 氏

日本GE株式会社 人事部長
木下 達夫 氏

当時の工場人事責任者の方も生え抜きですので、従業員一人ひとりのこれまでの経歴や家族構成まで驚くほど詳しく把握していました。そのうえ製造部門の業務経験もあり、工場内の業務全般に精通していました。その方がどんな思いで人員削減に取り組んできたか想像するだけで心が痛みました。自分たちは苦しい局面を乗り超えて、必ず生き残るという強い経営マインドを持った方で、工場長の右腕であり、他の部門長にも大きな影響力を発揮されていました。

ところが、私が栃木工場に赴任して半年で、その工場人事責任者が東京へ異動することになったのです。正直どうしよう…と不安に襲われました。生き字引のようだったその方と比べて、私は中途入社で栃木工場へは赴任したばかり。自分はここでどんな付加価値を生み出せるのだろうか…と無力感に襲われ、落ち込みました。インプットは多いのにアウトプットはできない。モヤモヤした日々でした。

-どういう部分でアウトプットができていないと感じていたのですか。

木下氏:幅広い人事業務で日々忙しいものの、私がこの組織に来て何か影響を与えられたのか、何か変わったのかという観点ではまるで手応えがない。そういう意味でアウトプットできていない感覚がありました。人事のミッションは、工場の組織や人をいかに強くするかです。グローバルでの厳しい競争に晒されながら、新製品の開発、生産性向上やコストの削減、世界基準の安全性を究めていかねばならない状況でした。 しかし製造現場の苦労、これまでの厳しい経緯、何よりも人を知らないことで、何かアイデアを思いついたとしても机上の空論になってしまう。自分は人事としてここで何ができるのか。いや、自分は前任者の何分の一ほども役に立てていない。そういう思いにとらわれていました。

ところが、急きょ工場の人事責任者として就任することになって、「こうなったら腹をくくるしかない」と覚悟を決めました。今までは聞けば何でも分かるがゆえに、前任者に頼り切った仕事の仕方になってしまっていた。自分の強みを活かした自分なりのやり方があるはずだ、それをまずはやってみようと。また同時に、自分が栃木工場にどんな思いで来たのか初心に戻りました。“営業部での経験を携えて工場へ行けば、今までと違う何かができるはずだ!”

>>次ページは 初心に戻って動き出したチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加