ホーム > 調査・提言 > 定着の鍵はベテランスタッフにあり!ベテランマネジメントの要点

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2017.01.30

定着の鍵はベテランスタッフにあり!
ベテランマネジメントの要点

hitodata_iconvol.012
AP_banner

パーソル総合研究所 研究員 小林祐児

アルバイトを抱える職場での課題としてしばしば聞かれることに、ベテランスタッフのマネジメントの難しさがある。そして苦悩の種として指摘されるのが、職場に悪影響を与える厄介なベテランスタッフの存在だ。「新人に威圧的な態度をとる」「指示を聞いてくれない」「徒党を組んで上司に反抗する」といったベテランスタッフの困った行動、そして彼らをうまくマネジメントできない上司の悩みは、我々が行ってきたヒアリングでも強く感じられた。

こうした上司の実感だけではなく、以前も掲載した以下の調査データを見ても、スタッフの離職理由においてベテランスタッフの悪影響(オレンジ部)がきわめて大きいことが明らかになっている。

図1

【離職者調査】

ただ、この問題をベテランスタッフ個人の人格的な問題にしてはならない。「あの人はそういう人だから…」とさじを投げる前に、この「ベテラン問題」の背後には、アルバイト職場独特の構造が関係していることを指摘しておこう。

まず、多くのアルバイト職場において、アルバイトスタッフの上司になる店長・マネジャーにはきわめて異動が多い。役職は替わらなくとも、2-3年、早ければ1年で職場を異動することが多い。それに対して、アルバイトの多くは職場の異動がないため、同じ職場で3年も働けば店長よりも長くその職場に在籍することになる。

図2 ベテラン層2

結果、上司よりもその職場の特性を知りノウハウのあるベテランスタッフと、上司/その他スタッフとの間には、業務知識についての大きな非対称性が発生する。言いかえると、「ベテランの方が詳しく、経験もある業務」が多く存在することになり、意見の擦れ違いが起こりやすくなる。多くの上司はどの職場でもこの「なんでも知っているベテランスタッフ」のマネジメントに苦慮することになる。

そしてベテランスタッフの高圧的態度には、別の理由も指摘されている。我々がヒアリングしたある店長は、アルバイトのベテランスタッフは「周りが成長すると自分のシフトを奪われる」と考える心理があることを指摘していた。

ベテランアルバイトの多くは仕事で頼られる存在であると同時に、「優先してシフトに入れる」立場であることが多い。周囲の人員の成長、そして人材の充足は、ベテランスタッフにとってこの立場を揺るがすものとして素直に歓迎できない側面がある。これは同じ「シフト」という限られた時間枠をシェアしあうアルバイトの勤務体系に特有の問題だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加