ホーム > 調査・提言 > 地域で異なる求職者ニーズにどう対応するか。アルバイト求人の地域差

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2016.11.24

地域で異なる求職者ニーズにどう対応するか。
アルバイト求人の地域差

hitodata_iconvol.011
AP_banner

研究員 小林祐児

どのような職業でも、勤務地や周囲の環境によって採用や定着の課題は異なってくる。前回まで日本全国の数字を見ながらアルバイト・パートの採用定着の課題を見てきたが、調査からは同じブランドや業界においても都心部・地方・地域によって異なる傾向が見られた。

そこで今回は職場への入り口、採用周りのデータについて、【関東圏】【関西圏】【その他の地域】という代表的な区分に分けてそれぞれの特徴を見てみることにしよう。

都道府県の内訳は以下の通り。
関東圏:一都六県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
関西圏:二府三県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)
その他の地域:上記以外の都道府県

「時給の高さ」を求めるのはどの地域か

まず、わかりやすく地域で違いがでるのが、希望時給の差だ。周知の通り、国が定めている最低時給額は各県ごとに異なり、2016年10月時点では最も高い東京都が932円、最も低い沖縄・宮崎が714円に設定されている。だが昨今の人手不足のなかで、この最低時給額で求人活動を行ってもなかなか人が集まらないのが現状だ。では、求職者が「最低このくらいは欲しい」と思う時給はどのくらいなのだろうか。下の表は最低希望時給額の平均を地域と属性別に見たものである。

図1

※一般求職者調査より

一見して、地域に関わらず求職者は最低時給額よりもずっと高い時給を求めていることが分かる。その中で最も高いのは【関東圏】で、【関西圏】よりも約67円、【その他の地域】よりも約110円高くなっている。

もう少し内実を見てみると面白いことが分かる。下のグラフは「アルバイト探しで重視すること」を地域別に見たものだ。
図2

※一般求職者調査より

このグラフからも分かることだが賃金に関わる項目(「時給が高いこと」「通勤交通費が支給されること」)を重視するのは【関東圏】の特徴のようだ。交通費については、地方では車通勤のスタッフも多く、公共交通機関の費用への意識が都会に比べ薄いことも考えられる。だが、興味深いことに【その他の地域】は時給・交通費への意識は低いものの、「頑張った分だけ昇給や昇格ができること」については【関東圏・関西圏】よりやや高くなっている。これらの傾向は属性別に見てもほぼあてはまる。

ここから読み取れるのは地方のアルバイト求職者は、最初の時給額の低さは受け入れるが、入社後の昇給・昇格については都市圏以上に求めているということである。グラフは省略するが、「アルバイトを探すきっかけ・理由」を尋ねた質問でも、【その他の地域】の方が「収入を得る必要がある」が高くなっており(※)、地方の方がアルバイトへの期待は収入面に寄っていると言えそうだ。※複数回答で関東68.7%、その他の地域で72.2%

最低賃金の額こそ低いものの、入社後の定着まで見据えると、「地方のアルバイトの給与は安くてもよい」ということは単純に言えそうにない。むしろ地方のアルバイトスタッフの方が、きちんと評価され、昇給を求める傾向にあることが調査からは明らかになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加