ホーム > 調査・提言 > マネジメント職の転職成否を左右するポイントとは?

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2016.06.21

マネジメント職の転職成否を左右するポイントとは?

hitodata_iconvol.006

マネジメント職の転職者が入社後、新たな職場に定着し、活躍するにはどのような要素が重要なのか。転職経験のあるマネジメント職400人を対象に行った調査で、転職後の自身の変化について「転職は成功だと思える」との設問に対し、「とてもあてはまる」「ややあてはまる」と答えた人を「成功実感あり層」、「全くあてはまらない」「あまりあてはまらない」と答えた人を「成功実感なし層」とし(※参照:マネジメント職の転職の実態を探る)、「成功実感あり層」と「成功実感なし層」の回答傾向の単純比較により、成功実感に影響がありそうな要素を探った。その結果とともに、そこから見えてきた、転職者個人がとるべき行動と企業が行うべき支援について、簡単ではあるがご紹介したい。

【ギャップ1】直属の上司のサポート

転職者が新しい職場になじむには、企業側からの支援が重要であろう。では支援の主体になっているのは誰か。「組織への適応をサポートしてくれた人」について聞くと、「成功実感あり層」で最も多かった回答は「直属の上司」で37.2%を占め、「成功実感なし層」の14.5%と22.7ポイントのギャップがあった。また、「成功実感あり層」は「同じ職場の上位者(直属の上司以外)」(16.4%)や「経営者」(13.1%)も高く、転職先の上位者に支援者が多いことが分かる。

一方、「成功実感なし層」で最も回答が多かったのは「この中にはいない」で34.5%である。転職先で「まずはお手並み拝見」と、上司や周囲から十分な支援を受けられていない様子が想像される。

組織への適応をサポートしてくれた人

1上司サポート_550

【ギャップ2】社内関係者とのつながりを強めるサポート

次に、ギャップ1の「組織への適応をサポートしてくれた人」から受けたサポート内容を聞いたところ、すべての項目で「成功実感あり層」のほうが、「成功実感なし層」に比べ回答割合が高い結果になった。なかでもギャップが大きく生じたものは、社内関係者とのつながりを強めるサポートについてだ。

例えば、「社内ネットワークづくりとして顔合わせなど」や「社内関係者との懇親会」などでは30ポイント前後のギャップがあった。これらの結果から、「成功実感あり層」の転職者が、業務に必要な情報だけでなく、人的ネットワークを構築するための手厚いサポートを受けられていることがうかがえる。

どんなサポートを受けたか

2サポート_550

>>次ページは 【ギャップ3】職場コミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加