ホーム > 調査・提言 > マネジメント職の転職の実態を探る

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2016.06.15

マネジメント職の転職の実態を探る

hitodata_iconvol.005

日本の大手企業でマネジメント職を外部から採用する動きが目立ってきたが、残念ながら転職後に思うように活躍できていないケースもよく耳にする。

そこでインテリジェンスHITO総合研究所では、転職経験のあるマネジメント職400名を対象に実態調査を実施し、成功を実感できるような転職には何が影響しているのかを探った。まずは結果の概観を把握するため、転職後の自身の変化について「転職は成功だと思える」との設問に対し、「とてもあてはまる」「ややあてはまる」と答えた人を「成功実感あり層」、「全くあてはまらない」「あまりあてはまらない」と答えた人を「成功実感なし層」とし、入職前後で両者の回答傾向にどのような違いがあるのかを単純比較した。

「成功実感あり層」45.8%、「成功実感なし層」13.8%

まず、今回の調査の回答者全体のうち、自身の転職を成功だったと捉えている「成功実感あり層」と、成功とは捉えていない「成功実感なし層」がどれくらい存在するのかを示したのが下の円グラフだ。「成功実感あり層」は全体の45.8%と半分近くに上り、「成功実感なし層」は13.8%と1割強に留まった。

一方、「どちらともいえない」と回答した人も4割に上り、自身の転職を成功だったかどうか、ハッキリとは判定できない人も多い様子がうかがえる。

転職は成功だと思える

転職は成功か_450

転職の成功には募集背景の説明が重要

「転職する際、企業側から『募集の背景・目的』について説明がありましたか」との問いに対し、「説明があった」と答えた割合について、「成功実感あり層」は54.6%なのに対し、「成功実感なし層」は30.9%と20ポイント以上の開きがある。

さらに「説明なく、自分からも特に確認していない」についても、「成功実感あり層」が12.6%、「成功実感なし層」が34.5%で、ギャップが大きい。企業による募集の背景情報の提供と、説明がなければ転職者自ら確認に動くかどうかは、転職成否の捉え方に影響しているようだ。

転職する際、企業側から「募集の背景・目的」について説明がありましたか

企業からの説明_500

>>次ページは 「成功実感あり層」が多いのは、300名未満/ 1,000名以上の企業規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加