ホーム > 調査・提言 > 正社員マネジメントの未来 ~正社員に求められる「価値」とは

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.11.25

正社員マネジメントの未来 ~正社員に求められる「価値」とは

商品ライフサイクルの短命化や仕事の機械化が進む中、正社員には従来とは質の異なる「価値」を創り出す能力が求められている。それは具体的にどのような「価値」なのか、またその「価値」を生み出せるのはどのような人材なのか。

正社員マネジメントの在り方とは?」では、「これからの正社員の在り方を考える研究会」で議論してきた“これからの正社員とそのマネジメント”について法政大学大学院政策創造研究科の石山恒貴教授に寄稿いただいた。本稿では、今後正社員に求められる創造すべき「価値」そのものについて論考したい。

これからの正社員に求められるもの

pc_businessman人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる――。 英オックスフード大学マイケル・A・オズボーン准教授『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が今、世界中で話題となっている。10年で「消える職業」「なくなる仕事」として90%を超える確率でなくなる仕事の一覧を見ると、正社員として雇用されている職種も多く存在する。

また、オズボーン氏によると、最近の技術革新は非定型業務だと思われてきた仕事のルーチン化を可能にするとし、今現在付加価値の高い仕事も機械にとって代わられると予測している。機械化・コンピューター化された定型業務の処理や単純化された作業レベルの処理は、低賃金の非正規労働者や海外途上国の労働者に回されるのが世の常である。よって正社員はより高度なクリエイティブ能力を発揮することが求められる。

一方、企業において商品ライフサイクルの短命化が止まらない。1970年以前はヒット商品の60%が5年を超えて消費されたが、2000年以降は5年越えのヒット商品は5%未満で、1年未満しかヒットが続かない商品が20%となっている。例えば、太陽電池や半導体などで圧倒的なシェアを有していた産業が急速にシェアを落とし、市場を失うという事態が起こっている。「作れば売れる」時代から「売れるモノを創る」時代への対応ができていないのだ。

クリエイティブな能力を発揮することが求められる正社員は、「売れるモノを創る」ためにどう取り組んでいけばいいのか。また、そのような人を正社員の中から発掘・育成するにはどうすればいいのか。「正社員マネジメントの在り方とは?」では、正社員を「価値創造型人材」と「価値実現型人材」に区分し、それぞれ異なった人材マネジメントを行うべきとしている。

>>次ページは 価値とは、価値創造型人材とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加