ホーム > 調査・提言 > 管理職の在り方を考える(1) 日本企業の管理職は劣化したのか?

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.10.28

管理職の在り方を考える(1)
日本企業の管理職は劣化したのか?

「評判」と「徒弟制」を大事にしてきた日本企業

tsunagi500管理職の機能低下が叫ばれて久しい。
管理職は経営層とメンバーをつなぐ「連結ピン」の役割を期待されている、と社会心理学者のR.リッカートは言っている。「連結ピン」の役割とは、トップの意向を部下一人ひとりのやる気が出るように言葉を選び直して伝える一方、部下の不満をきちんと「提案」という形に仕立て直して経営側に伝えることである。

高度成長期において、日本企業はそのような「連結ピン」の役割を果たせる管理職に支えられて、良いものを造り続け、技術を伝承し、大きな成長を果たした。当時、そうした管理職人材の発掘において大切にされていたのは、「評判」と「徒弟制」である。具体的には、様々な部署をローテーションで回らせ、その人の仕事ぶりや周りとの協調性に対する社内の「評判」を、管理職への昇進に反映させた。そして、「徒弟制」という表現からも読み取れる通り、社員は様々な先輩社員と、親方-弟子関係と呼べるくらいの深い付き合いを通して、「専門力(技術力・現場力)」と「人間力」を身に付けた。さらに、そうして育った社員の中から仕事ができ、かつ人望も備わっているような「人間力」の溢れる社員を管理職に登用してきたのである。

totei

>>次ページは 行き過ぎた効率経営で生じた「マネジメント劣化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加