ホーム > 調査・提言 > なぜ、キャリアマネジメントは必要なのか

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.09.02

なぜ、キャリアマネジメントは必要なのか

ICTの進展、グローバル化、技術革新など企業を取り巻く様々な環境が劇的に変化しました。1970年以前はヒット商品の60%が5年を超えて消費されていました。しかし、2000年以降、ヒット商品の20%がその寿命1年未満となっています。商品サイクルが短命化した時代において、企業は生き残るために変化し続けることが求められるようになりました。「つくれば売れる」から「売れるモノをつくる」への発想の転換が求められています。

企業が勝ち続けるための競争力の源泉は「人」です。このような時代において必要な人材とは「独創的で、斬新で画期的なアイディアを考えて実現できる人」です。独創性や創造性、自ら問題を発見し解決策を導き出す能力があれば、たった1人の個人であっても、「年齢・性別・立場に関係なく」、グローバルで勝ち抜くことができる社会であると言われています。

ただし、これらの能力は受け身の態度や気持ちでは発揮されません。オーナーシップとリーダーシップを兼ね備えた働き方と、それらの能力を獲得・高めるために情熱を持って前へ進むことが必要となります。

リーダーシップ育成のためにキャリアマネジメントは切り離せない

上述した「組織の時代から個人の時代へのパラダイムシフト」は、組織のマネジメントのあり方にも変更を迫ることになりました。これまでは、社員を画一的・同質的な労働力として集団的に管理・統制するマネジメントモデルが効果を発揮する時代でした。

Leaderしかし、これからは、社員を競争力の源泉として個別的に捉え、リーダーシップによってその能力を引き出すモデルが競争優位を生み出す時代です。ハーバード・ビジネス・スクールのコッター教授は、組織運営や業務のコントロールを主体としたマネジメント機能を10~30%程度にとどめ、組織変革をなし遂げるリーダーシップ機能を70~90%にする必要があると述べています。システムの複雑性に対処することを主体としたマネジメント機能だけでは、組織や人を効果的に動かすことができません。昨今の不確実性の高い環境において変革を成し遂げるリーダーシップ機能は欠かせないのです。

それでは、リーダーシップはどのように養成されるのでしょうか。数多くのビジネス・リーダーの成長要因を丹念に調査した神戸大学大学院金井壽宏教授によれば、リーダーシップの養成には“良質な経験”が不可欠とのことです。良質な経験とは、大きな絵を描き、影響力を発揮して他者を巻き込む経験です。そうした経験を蓄積・連鎖していく過程の中ではじめてリーダーは育つことができるということです。ここで示唆されるのは、企業においてリーダーの戦略的な育成という観点からもキャリアマネジメントが非常に重要な役割を担うということです。

>>次ページは 競争優位な組織力を創るビジネス・リーダーの育成に
不可欠なキャリアマネジメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加