ホーム > 調査・提言 > まずは満額回答、次は自分の志【戦略人事・曽山哲人ができるまで 第3回】

調査・提言

一覧へ

- インタビュー

2014.09.24

まずは満額回答、次は自分の志【戦略人事・曽山哲人ができるまで 第3回】

人事本部長就任から、2度の大きな風土改革などを経験するなかで、経営の要望に対し100%応える“満額回答人事”に5年間徹してきた曽山哲人氏。経営から満足を得られるレベルまで、“満額回答”ができるようになった今、“自分の思いや志を実現する”という次のステージへと踏み出しました。2013年から始まった社内ヘッドハンティング制度やタレントマネジメントのためのデータベース「GEPPO(月報)」の構築、そして2014年に導入した女性支援制度「macalon(マカロン)パッケージ」(以下、マカロン)といった新施策など、曽山氏の次なるコミュニケーション・エンジンの挑戦は走り始めています。

年間150人が異動! 社内ヘッドハンター始動

―― 2013年から社内ヘッドハンティング部門「キャリアエージェントグループ」を新設。併せて、個人の潜在能力やキャリア志向を可視化できるGEPPOというデータベースを構築されました。

曽山氏:社内ヘッドハンティングもGEPPOも、そもそもは経営陣が中心となり中長期的な経営課題の解決策や新規事業プランを提案し合う「あした会議」という社内の経営会議で人事以外の部署の社員から提案されたものです。

GEPPOは、社員に先月の目標を文章で入力してもらい、翌月の月初め5営業日以内に、目標達成度を「晴れ」「曇り」「雨」などの天気マークで回答してもらっています。その結果を見て、「雨」が続いている社員をフォローしたり、反対に、「晴れ」続きの人には伸びしろがある可能性が高いので新たな挑戦の機会を用意するなど対応を検討します。また、GEPPOにはフリー回答欄もあり、将来のキャリアに対する希望や得意なこと、今の成長実感度合いや稼働率など、いろんなことを質問しています。例えば「あなたの稼働率はどうですか?」と聞くと、だいたい平均で「70~80%」と回答してくれるのですが、なかには「200%でパツパツです」と主張する人もいれば、「5%」と書いて「まだまだキャパシティがあるので機会があればチャレンジしたい」という意思表明をしてくれている人もいます。

GEPPO画面例

GEPPO画面例

―― ヘッドハンティングはどのように進めるのですか。

曽山氏:まず月初めに、社員が目標達成度を入力したGEPPOの内容を手分けして2~3日で読み込みます。そうして、その月にフォローしたほうがよい社員を決定し、月末までの1カ月間でその人たちとの面談を実施するというサイクルです。面談で聞くことは、前回お話した風土改革の際の面談とほぼ同じで(前回リンク)、「今のコンディション」と「困っていること」、あとは「今やっている業務」と「将来のキャリアの方向性」についても聞きます。一方で、事業部長層からの人材ニーズも把握しているので、面談するなかで要件に合致する人材が見つかれば異動を役員会に提案するという仕組みです。ヘッドハンティング組織の立ち上げから丸1年が経ちますが、既に150人の異動実績があります。

妊活をキーワードに築いた女性支援制度「マカロン」

―― 女性支援制度マカロンの誕生のきっかけは?

株式会社サイバーエージェント取締役 人事本部長 曽山 哲人 氏

株式会社サイバーエージェント
取締役 人事本部長 曽山 哲人 氏

曽山氏:これもきっかけは「あした会議」です。「あした会議」で提案された育児支援制度自体は新規性がないということで残念ながら却下されたのですが、そのタイミングで社長の藤田から「『妊活』が世の中の課題として顕在化してきたし社員にも実はニーズがあるのでは? 人事本部で再度考えてみて」と言われて制度化の検討を始めました。

実を言うと、女性・育児支援の制度は、人事本部長になった頃からずっとやりたかったことです。しかしながら、ママ社員より独身女性社員のほうが多い時期にやっても「優先順位が違うでしょ?」と“シラケ”させるだけですし、こういう取り組みは会社側がアピール重視でやっても意味がありません。過去に社内託児所も検討しましたが、「渋谷(同社所在地)へは送迎車でもない限り連れていくのが無理」という意見が出たり、松濤にある24時間経営の保育所利用も考えましたが、「松濤は会社から遠くて不便」と言われたり、なかなかママ社員に満足してもらえる施策を作れずにいました。そうして今回、妊活というキーワードが浮上し、再び制度を検討できる機会を得たのです。そこでまず、キーワードとした『妊活』にかかわる制度については、「妊活休暇」「妊活コンシェル」を設けました。

>>次ページは 個人の働きやすさに配慮した制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加