ホーム > 調査・研究 > 研究活動 > チェンジマネジメント

研究活動

全て
  • グローバル人材マネジメント
  • タレントマネジメント
  • ミドル
  • チェンジマネジメント
  • キャリアマネジメント

チェンジマネジメント

チェンジマネジメント3

画一性や効率が競争優位となる「工業社会」から独創性やスピードなどが競争優位に直結する「脱工業社会(知識社会)」に変化する中、多くの企業で変革が求められています。しかし組織変革に取り組んでいる企業のうち、狙った成果を上げている企業はわずかに過ぎません。変革を日常的に起こせるような「自らを変革できる組織能力」をいかに築けばよいのでしょうか?

- フォーラム
【第4回HITOフォーラム「チェンジマネジメントの未来」】
第1部後半: なぜリーダー育成はうまくいかないか?

2014.02.04

フォーラム第1部前半のレポートでお伝えしたように、各登壇者のプレゼンテーションでは、変革し続ける組織を実現するためにリーダー育成が必要不可欠であることが指摘されました。では、なぜリーダー育成がうまくできていないのでしょうか? 第1部の後半では守島先生のファシリテートのもとパネルディスカッションが展開されました。

人事が短期的視点に陥っている?
会田氏から指摘されたのは「人事が短期的な視点に陥っているのではないか?」という点です。長期的な戦略を明確にし、「その戦略実現のために何が必要か?」「今の組織能力で可能か?」という視点に立てば次世代リーダー育成の優先度は自ずと高まってきます。

実際、そうした長期的視点・戦略的視点に立って組織戦略を位置付けている例として、平井社長からシスコシステムズ社の例が紹介されました。同社では、経営陣が年間数百時間にわたり議論して経営戦略・ビジョン(5.6年単位)を明確にし、それに基づいたストラテジー(戦略:2,3年単位)やその戦略実現のためのエグゼキューションアイテム(実行項目:12-18ヶ月単位)、キー・メトリクス(KPI:3ヶ月期単位)が設定しています。

会田氏からは「まさにオーガニゼーションストラテジー(組織戦略)とビジネスストラテジー(ビジネス戦略)の統合が実践できており、だからこそうまくいっているのではないか」と発言されました。

IMG_5161

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 連載記事

  • メルマガ登録はこちら
    ※メールマガジン 配信停止をご希望の方は、こちらへお進みください。